石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

メーヴェに乗りたい?アニメの乗り物には夢と絶望がある。

 あるアンケートによると、アニメファンがもっとも乗ってみたい乗り物は、「タイムマシン」だそうである。

 

 過去、未来、どちらに行くおつもりだろう。私は、未来は知りたくないな……。

 

 

 上記サイトによるトップ10は以下のとおり

 

  1. タイムマシーン 『ドラえもん』
  2. エヴァンゲリオン初号機 『新世紀エヴァンゲリオン』
  3. ガンダム 『機動戦士ガンダム』
  4. メーヴェ 『風の谷のナウシカ』
  5. サウザンドサニー号 『ワンピース』
  6. スケートボード 『名探偵コナン』
  7. グレンラガン 『天元突破グレンラガン』
  8. ランスロット 『コードギアス 反逆のルルーシュ』
  9. イングラム 『機動警察パトレイバー』
  10. タチコマ 『攻殻機動隊』

 

 半分以上、「好きなロボアニメ」のランキングと化している気が。

 

 たしかに少年というものは、危険と隣りあわせのようにも見える未知の乗り物に、わくわくしてしまうものだ。

 大人になってもその興味や情熱は失われず、車いじりの趣味に受け継がれたりする。

 

 ただ、私に関していえば、車の運転もかなり慎重で、高速道路を走れば左側ばかりを進み、びゅんびゅん右側を追い越されても平然としている、かなりの安全運転男である。

 

 危険と隣りあわせになんて、なりたくない。

 ということで私が、上記のものとは似て非なるランキングをかってに作った。

 

 

頼まれても乗りたくない! 架空の乗り物ランキング、ワースト5!

 主人公がさっそうと乗り込んで危険地帯に向かうなか、私は安全なところでお茶をすすっていたい。

 まずは第5位から。

 

第5位 『ドラゴンボール』の筋斗雲(きんとうん)には乗りたくない!

 「痛っ」となるに決まっている。筋斗雲は、心のやましい者が乗ると、雲を突き抜けて落っこちてしまうのだから。

 作中では、悟空がわりと早い段階で「武空術」を体得して自由に飛べるようになってしまうため、筋斗雲氏はリストラされた。

 

 が、コミックスの「完全版」にかぎってなのだが、最終話に、筋斗雲が再登場している。

 悟空が、魔人ブウの生まれかわりである「ウーブ」に筋斗雲をプレゼントするシーンがあるのだ。

 

 ジャンプにも、通常版コミックスにも、アニメにも、このシーンはなかった。

 完全版の刊行に際して、鳥山明先生が描き下ろされたのである。

 面倒くさがりで知られるあの鳥山先生があえて描かれただけあって、なかなかいいシーンだ。

 通常版よりも物語の余韻が長く響く。

 

 筋斗雲には、微妙に「意思」を感じさせるような部分があり、見ていてかわいらしいものだった。

 乗れはしないが、クッションのように部屋に置いておきたい存在ではある。

 

 

 

 

 

第4位 『機動戦士ガンダム』のガンタンクには乗りたくない!

 ガンシリーズの一端を担っているのに、ガンダムとの能力差が大きすぎでしょ!

 機動力低すぎ、なんでキャタピラ移動なのさ、不便!

 そしてなぜ二人乗り?

 コミュ障気味だから気まずいよ! 

 

 が、現在アニメ化が進んでいる『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』における初期型ガンタンクは、ミリオタの心に訴えかける魅力を持っている。

 あれはかっこいい。

 その他のモビルスーツに立ち向かえる気はしないが。

 

 

 

 

 

第3位 『名探偵コナン』のスケートボードには乗りたくない!

 

f:id:necole_kidman:20160703132550j:plain

 

 なにかにぶつかると、そこにはかならず不審な死体が、なんてことになりそう。

 事件の真相なんてどうでもいいから、私は早く家に帰って休みたい。

 

 

 

第2位 『風の谷のナウシカ』のメーヴェには乗りたくない! 

  落ちたら腐海……、落ちたら腐海……。

 そこにはギチギチ不快な音をだす巨大な蟲がたくさんいて、肺をあっというまにダメにする空気が充満していて……。

 

 怖すぎる。

 数秒ならアリ? いや、姫様じゃないからムリ。

 あの世界で生きていける気がしない。

 子どものころは、金曜ロードショーで『ナウシカ』がオンエアされる日は、早く寝た。

 

     *

 

 第1位を紹介する前に、番外編。 

 

番外編 『耳をすませば』の自転車には乗りたくない!

 天沢聖司がこぐ、ただの自転車である。

 が、しかし。

 あれは少年が、好きな女の子を乗せて坂道を登るための乗り物である。

 なんか、甘酸っぱすぎて、見ててつらい!

  中学のころ、彼女を後ろに乗せた同級生を前方に発見し、とろとろ走っているのに、自分がお邪魔虫のように感じられて追い越すに追い越せない、なんて経験をたびたびしたのを思いだしてしまう。

 

     *

 

 さあ、栄えある1位は……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1位 『となりのトトロ』のトトロには乗りたくない!

 

f:id:necole_kidman:20160703132702j:plain

 

 かわいい?

 いやいやいや、怖いよ!

 いま、抜け毛のシーズンじゃないよね?

 大丈夫? メイちゃんなんで笑ってられるの? アホなの?

 とギャーギャー騒いでしまいそうだ。

 つかまる部分が、あまりに頼りない。

 

     * 

 

 ーーということで、「頼まれても乗りたくない乗り物ランキング」ワースト5は、ジブリ作品のワン・ツー(+1)フィニッシュとなった。

 

 いやあ、よくないよね、ジブリは、宮崎駿監督は。

 作品を観た子どもたちの、危険に対する感覚を麻痺させる可能性もある。

 いまやどの作品も、圧倒的な支持を集める国民的アニメになっているが、私は声を大にして異論を唱えていこうと思う。

 あれは一種の洗脳だ。危ないよ、ジブリ信仰は。

 

 

 私も乗りたい! アニメの乗り物ランキング

 乗りたくない、という否定的な意見ばかりを並べるのもなんなので、「私も乗りたいアニメの乗り物ランキング」を。

 2位までをすっとばし、ナンバーワンだけを挙げる。

 この偏屈な私にどうしても乗ってみたいと思わせる乗り物、それは……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1位 『となりのトトロ』のネコバスには乗りたい!

 

 

 いやあ、いいよね、ネコバス。ねこ好きには憧れの存在だよね。

 はあ~、なんて夢のあるものを考えだすんだ、宮崎駿監督。

 最高! ジブリ、最高!

 私も乗せておくれ~♪

 

     *

 

 ということで今回の企画はここまで。

 あ、ハウルの動く城にも乗ってみたいなあ。

 

 

・こんな記事も読まれています

 

 そういえば、リニューアルオープンするジブリ美術館には、なんと「大人も乗れるネコバス」なんてものが展示されるそうな。これは行かなくっちゃね!

 ジブリ、最高!

 ポルコ・ロッソの紅い「サボイアS.21」にも乗りたいな~。