石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

ワンピース第100巻ネタバレ/麦わらの一味はこうなっていた!

 現在、80巻台を進行中、映画『フィルム ゴールド』も公開中の『ONE PIECE』。

 最終的に全何巻になるのか、いまだ不明であるが、いずれ来る「第100巻」など、通過点にすぎない。

 

 待ちきれない私は、ちょっくらタイムマシンに乗って、100巻までを読んできた。

 燃えたなあ。あのキャラがあんな活躍を見せるとは。仲間があれほど増えるとは。描き込みがますます細かくなるとは。

 

 ネタバレは、みなの楽しみを奪うことになるのでやめておく。

 だが、いいたくてむずむずしている。

 ストーリーではなく(むずむず)、麦わらの一味がどうなっているかについてくらいなら(むずむず)、許されるか?(むずむず)

 よし、こっそりここに書いておくので、興味のある人は読まれたし。

 

 

ワンピース、第100巻ネタバレ 麦わらの一味はこうなっていた!

 8人と1頭、船長から順にいってみよう。

100巻の、モンキー・D・ルフィ

 子どもができてた。名前は、チンパンジー・D・ルフィ。

 

f:id:necole_kidman:20160805141418j:plain

「いやあ、ゴムゴムをつけるの忘れてたあ」

 

 ルフィは育児休暇を取得し、冒険はしばらくお休み。『ワンピース』は育児漫画の様相を呈していた。

「イクメン王に、パパはなる!」

 

 

100巻の、ロロノア・ゾロ

 左目だけでなく、右目も失っていた。

 

f:id:necole_kidman:20160805141437j:plain

「心眼があるから問題ない」

 

 見えないことで、逆に方向音痴が治りつつあった。 飲めば盲目つながりで、藤虎と意気投合。

 

 

100巻の、サンジ

 ゾロに見せつけるがごとく、前髪をあげて両眼をだしていた。

 

f:id:necole_kidman:20160805141447j:plain

 眉毛は、元でも端でもなく、中央がぐるぐるに。

 禁煙が創作の世界でも徹底されるようになっていて、サンジはもちろん、スモーカーすら吸わなくなっていた。

 フジテレビで料理番組を持っている。ゲストは女性のみ。 

 

 

100巻の、ウソップ

 ウソをつかなくなってた。

 

f:id:necole_kidman:20160805142602j:plain

「遠くから撃つなんて、ひきょうだ」

 

 狙撃にも罪悪感をおぼえるようになり、戦力としてまったく使えなくなっている。 おかしな宗教にはまっているようだ。

 

 

100巻の、トニートニー・チョッパー

 発情期を迎えてた。

 

f:id:necole_kidman:20160805141503j:plain

「ル、ルフィ、どうやって子どもつくったんだ?」

 

 サンジ以上のエロキャラに成長、ファン困惑。 ランブルボールによる強化ポイントに、「股間」が加わった。

 

 

100巻の、ナミ&ニコ・ロビン

 お胸の成長が止まらない。

 

f:id:necole_kidman:20160805141510j:plain

「重いわ~、ちょっと支えてくれる~?」

 

 スピンオフ作品『パイオーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・バスト』がジャンプSQで連載。矢吹健太郎先生作画、主人公は発情期のチョッパー。

 

 

100巻の、ブルック&フランキー

 骨の風化と、金属疲労が止まらない。

 

f:id:necole_kidman:20160805141519j:plain

 潮風はきついらしい。

 新加入の仲間に人気を奪われ、見た目同様、存在感もかなり薄くなっている。

 

 

おまけ・100巻の、赤髪のシャンクス

 抜け毛が止まらない。

 

f:id:necole_kidman:20160805141527j:plain

「ルフィ、はやく帽子を返しに来てくれ、頼む・・・・・・」

 

 世界情勢安定のキーマンとして、苦労が絶えない模様。

 

     *

 

 こんな感じ。とにかくチョッパーの性欲が衝撃的なレベルだったなあ。

 ということで、本筋のじゃまをしない範囲で、ワンピースの今後をネタバレしてみた。

 うーん、その後の展開も待ちきれない。101巻を読みにGO!

 

 

・こんな記事も読まれています