石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

おすすめ漫画、全巻無料『マンガ図書館Z』公開者自身が10選/試し読み、不要

 スマホのゲーム、あなたは課金する派? しない派?

 

 私のスマホは、Androidのバージョンでいうと「2.3.4」。

 最新版は「6.0」らしいので、もはや化石である。よってほとんどのスマホゲーは、やりたくても、動かない……。

 

 課金する派、しない派、という分け方は、娯楽にお金を払うことについての抵抗感に関する話にもつながる。

 抵抗感が強ければ、観たい映画があっても映画館には行かず、レンタルまで待つ。読みたい漫画があっても単行本は買わず、ネットカフェですます。

 

 これらはまだ対価を払っているケースなのかもしれない。

 映画なら、ビックタイトルならいずれテレビで観られるかもしれないし、漫画なら、友人から借りるという手段がある。

 小説なら、図書館なんていう、作家からするとかなりしんどい施設まである。

 

 数年前、地元の図書館では、私の小説が貸し出し回数で「年間ランキング一位」をとった。

 東野圭吾先生や宮部みゆき先生を抑えての一位だ。ビバ・地元!

 が、当然ながら、百万回貸し出されても、私には一円も入らない。

「図書館で読んだよ」という声に、基本的には喜ぶが、一抹のさみしさも感じてしまうのは事実だ。

 

f:id:necole_kidman:20160629190236j:plain

 「ぶつぶつ…(読んでもらえるだけまし…、読んでもらえるだけまし…。うーん、この人、いい時計してるなあ…)」

 

「日本人はエンタメに金を払う意識が低いせいで、エンタメが育たない」

 かつて、とある演出家の方が飲みながらぼやいてらっしゃった。

 

 海外の事情に疎いので、どれくらい違うのか私にはわからないが、現在、出版業界では本が売れず、市場は急速に縮んでいるのは事実だ。

 資金がなくては、小説も漫画も制作することが難しくなっていく。

 

 ーーだなんていう現状にもかかわらず、「エンタメにお金を払わない派の人でも、読んでさえくれればいいから、とにかく来てみてちょうだいな」という漫画サイト&アプリがある。

 最近リニューアルしたので、今回の記事の題材としてふれてみたいと思う。

 

 

全巻無料で読める漫画サイト『マンガ図書館Z』(旧Jコミ)

 もう市場から退いた過去の作品限定のラインナップなのだが、過去の作品であるだけに、基本的に完結済みの作品ばかりという安心感がある。

 以前書いたように、再開を待ちこがれるような状況にはなりえないのだ。

(過去記事:【連載再開】ハンターハンター、ベルセルクときたら、次は? 再開を熱望している漫画ベスト3

 

 なぜこんなサイトの設立が可能になったのかといえば、ざっくりといえば、広告収入というものが存在するからである。

 ただで見るのが当たり前の、民放放送局やYouTubeにおける、CMみたいなものだ。

 そしてたくさんの読者が読んでくれれば、作者の利益にもつながる。

 YouTuberが、動画の再生回数に応じて利益を得られるように。

 

 拙作『ベルモンド』を公開している私が、作家の立場からの意見を述べるなら、すでに過去のものとなった、「まったく利益を生まないはずの作品」に、あらたな利益を生む可能性を与えてくれることに、希望を感じる。

 さらに、消えゆく運命にあると考えていた作品を、だれでも好きなときに読める状態で存在させてくれることに、感謝の念を抱いている。

 

 前フリが長くなった。

 今回はそんな、読者にとっても作家にとってもありがたい存在として、もっともっと世に広く知られてほしいと感じている『マンガ図書館Z』から、自作を公開している私自身が、オススメ漫画を10作品、あげてみることにする。

 

 

『マンガ図書館Z』オススメ漫画、その1&2

 まずは青年誌の位置づけから二作。

『交通事故鑑定人 環倫一郎』(原作ー梶研吾/漫画ー樹崎聖)

 カリフォルニアを舞台に、交通事故に隠された秘密を暴いていく「交通事故鑑定人」の活躍を、ミステリー調で描いていく。

 まず舞台がオシャレで、いい車がじつに似合う。

 

 車への造詣が深い、梶、樹崎両先生ならではの作品であり、車好きを自負する方には、レースや走り屋を題材にしたものとは違う、あらたな自動車漫画の世界を体験してほしい。

 

 ものすごく「海外ドラマ」のにおいがするなと思ったら、実際にアメリカでドラマ化する話が、かなり進んでいたという。

 諸事情により流れたのが本当に残念だ。ティム・ロスあたりが主演を張れば、私は欠かさず観ただろうに。

『交通事故鑑定人 環倫一郎』は、眠れない夜にたっぷり楽しめる全18巻。

 

『ドーラク弁護士』(鈴木あつむ)

  鈴木先生はこの作品の前に、検察官を主人公にした『検察官キソガワ』を描いてらした。

 それはそれは重厚な世界観だったのだが、今作は検察官と真逆の立場にある弁護士を主人公にすえている。

 

 あわせて雰囲気も一転させようとお考えになったのだろうか、『ドーラク弁護士』は堅い話だと構える必要のない、間口の広い作品だ。

 

 主人公のキャラ設定からして興味深い。いわゆる「富豪」であり、活動資金ならいくらでもある、というスタンスなのだ。

 これにより、ふつうの弁護士モノだと実現不可能な大胆な演出が可能となっている。

 金を持ってて、心には正義の魂がある。主人公はパーフェクトヒューマン?

 いや、なんともすっとぼけた一面を持った、好感の持てる男だ。

 

 弁護士モノは、海外ドラマの定番であり、日本でもそうなりつつある。

 さまざまな人間模様を描くのに、とても適した題材だからだ。

 本作にも、お金があるからといって、けっして単純にはいかない人間模様がある。

『ドーラク弁護士』は、ひとつひとつのエピソードが濃厚な全12巻。

 

 

『マンガ図書館Z』オススメ漫画、その3&4

 つづいては、しっかり構築された世界観に、じっくり浸ってほしい二作品。

『蝋燭姫 』(鈴木健也)

 王の死に端を発して国を追われることになった姫、スクワと、忠実な侍女、フルゥは、辺境の修道院に入ることになる。

 そこで出会う未知の人々、これまでとまったくことなる生活文化、必然的に起こってしまう騒動。

 そういったものを、シリアスでありつつも、軽快に描く。

 

 私が個人的に中世、中近世といった世界が好きだからというのもあるのだが、丁寧に描かれている衣装や背景に魅了される。

 けっして写実的になりすぎず、漫画らしいポップさを保っているところに、とくに惹かれた。

 あと、姫を慕う侍女がいじらしくてもう……!

 

 鈴木先生は 『寒くなると肩を寄せて』という短編集もここで公開されている。

(『寒くなると肩を寄せて』はこちら

『蝋燭姫』は、華やかな衣装に袖を通したくなる全2巻。

 

『箱入り娘』(佐藤マコト)

 映画化もされた 『サトラレ』で知られる佐藤先生の読み切り作品。

 単行本未収録作品までもを読むことができるとは、『マンガ図書館Z』おそるべし。

 この作品、表紙をめくると、『サトラレ』の原点がここにある! なんてあおりがついている。

 これは読まずにいられない。

 

 舞台は科学技術が現代よりも少し進んだ日本。

 ある研究室の、ある特別な部屋で、主人公の青年は、ある特殊な事情を抱えた少女と出会う。

 

 今年は「VR(Virtual Reality)元年」といわれている。

 いくつかのIT企業がVRゴーグルを商品化する予定だが、この作品にも、同様のデバイスが登場する。

 暮らしている世界と、VRの向こう側に見る世界、彼にとって、どちらがよりリアルなのだろう。

 いま読むのが、ベストなタイミングの作品かもしれない。

 

 佐藤先生は『逃亡医F』という作品も公開されている。(こちら

『箱入り娘』は、プレイステーションVRがほしくなる読み切り漫画。 

 

 

『マンガ図書館Z』オススメ漫画、その5&6

 今度は、夏に読みたい二作品。

『七つの海』(岩泉舞

 ジャンプにときおり掲載されていた短編をまとめたもの。

 連載経験のない作家の作品が短編集として出版されるのは、とてもレアなケースだ。

 それだけ、ファンの多い作家だった。

 

 私もこのなかの一編『COM COP』をリアルタイムで読んだ当時、その優しさにあふれた描写に魅了されてしまい、連載がスタートするのを心待ちにしたものだ。

 

 この作品が『マンガ図書館Z』のラインナップに加わったことを知ったとき、本当にうれしかった。

 また彼らに出会う機会があるとは思わなかった。

『マンガ図書館Z』には、そんなを機会を漫画読みたちに与えてくれる、優しくて頼もしいメディアになってほしいと願う。

『七つの海』は、冒険のおともに持っていきたくなる全1巻。 

 

『はるかリフレイン』(伊藤伸平)

 この作品は、なんと、進研ゼミの「高一challenge」に連載されていたものだという。

 ということは、リアルタイムに読むことができた読者は、かなり限定されていたことになる。そんな作品にも出会えるのが、『マンガ図書館Z』だ!

 

 懐かしいむかしの曲も、YouTubeで検索すればだいたいひっかかるように、『マンガ図書館Z』の検索覧にタイトルを入れれば、むかしの漫画なら、ニッチなものでもだいたい読める、なんてところまで広がっていくといいなあ。

 

 夏といえば、「タイムリープもの」が読みたくなるのは、私だけだろうか。

 少年時代のあのころに戻りたい、という感情は、かならずしも、失敗をやり直したい、という理由のみに基づくものではなく、ノスタルジーを多分に含んでいて、それはセミの鳴き声なんかとともに思いだされる。

 

 と、個人的な事情はさておき、この作品においては、ヒロインのはるかは必死である。

 彼氏が、事故で他界してしまったのだから。

 だが、とあるねこが現れ、気づいたときには、前日に戻っていた。

 もう二度と彼氏を失うわけにはいかない。はるかの奮闘が始まる。

 

 シリアスになりすぎない心地よい緊張感が好感触。

 都合のいい展開になりかねない「タイムリープもの」であるが、この物語においては、なんのためにタイムリープが起きたのか、を、読後にちょっとばかり考えたくなった。

『はるかリフレイン』は、夏が終わる前に読んでおきたい全1巻。

 

※この作品は、閲覧不可となった。幸い、「マンガ図書館Z」にはあらたな作品がつぎつぎとアップされているので、代わりとして、新着作品からつぎの一作を挙げる。

 

『B.Y.C. ~裏庭街~』(原作-猪原賽/漫画-加倉井ミサイル)

 私は、この作品がどういう経緯で生まれたのか存じ上げない。

 フルカラーで、左から右へとページをめくる、あきらかに海外を意識した作品だ。

 日本の漫画というよりは、フランスの漫画「バンドデシネ」である。

 

 見世物小屋「裏庭街」で出会った、口の聞けない人造人間と「サトリ」の能力を持つ少女の物語。

 

 評価の言葉を今風の表現で示すなら、クール。

 海外風でありながら、カラーリングには日本画の要素も含まれているように感じる。まさに、ジャパンクール。

『B.Y.C.』は、日本語を読めなかろうが、外国人にも薦めたくなる全1巻。

 

 

『マンガ図書館Z』オススメ漫画、その7&8

 ふつうの設定では満足できないあなたへの二作品。

『モンスターキネマトグラフ』(坂木原レム)

 この作品は、なんの前情報もない状態で読んでもらいたいので、説明が難しい。

 えっ、その設定をシリアス調で描くんですか? という驚きがあった。

 舞台は、戦後の日本。

 どうやら坂木原先生はこのころを舞台にされることが多いようで、時代の空気がいろんな部分から、じつにうまく醸し出されている。

 

 突拍子もない設定なのだが、けっして派手な展開にはいかず、小さなところにスポット当てているところが、とても好みだった。

 説明不足で申し訳ないが、ネタバレはしたくないのである。表紙を見て想像をふくらませてほしい。

 『モンスターキネマトグラフ』は、ちゃんとこっちの世界に戻ってきてね、な全1巻。

 

『らんぷ ClararaBird』(河内実加)

 20ページに満たないショートストーリーの一編。

 不可思議な世界でありながら、語りすぎない見せ方によって、すっと抵抗なく引きこまれていった。

 ねこバカの私は、表紙のねこに惹かれてページをめくったのだが、えっ、あれっ……?

 

 戸惑いの理由は、ごく短い作品なので、ご自分で確認してくださいませ。

 もとは河内先生が、同人誌として描かれたものであり、河内先生はほかにも何作か公開されているが、作風のあまりの違いに、いい意味で驚く。

らんぷ ClararaBird』は、魅惑的な世界に引きこもりたくなる一話の短編。

 

 

『マンガ図書館Z』オススメ漫画、その9&10

 最後は、魅惑の女子たちに翻弄されたい二作品を。

『花とミツバチ』!(安野モヨコ)

 こちらは、PC版『マンガ図書館』では読めない、アプリ版『マンガ図書館Z』専用タイトルである。

 そしてこのアプリを通した場合、無料で読めるのは、一日につき100ページとなっていて、それ以上読むなら課金、もしくはスポンサーが提供するアプリをダウンロードしてポイントを回復させる、といった手段が必要になる。

 

 課金しなくても、翌日になればまた、100ページ無料で読めるようになる。

 のんびり読み進めるのなら、課金しなくても最後まで読めるということだ。

 今回の記事の冒頭でふれたスマホゲームのように、課金派も課金しない派も、好きな方法を選択すればいい。

 

 この作品の内容は、「イケてる女子による、イケてない男子への、恋のスパルタ教育」である。

 イケてない主人公、小松のイケてないっぷりに笑いつつも、共感してしまう自分にまた笑う。

 イケてる女子、サクラの、冷たさのなかに垣間見える、ほんのすこしの優しさに、惹かれる。

 舞台が高校ではなく会社であったなら、ドラマ化もできただろうと感じる漫画だった。

 

 安野先生の作品はほかにも公開されていて、女性なら、おなじくアプリ版限定公開の『ハッピーマニア』をオススメ。

『花とみつばち』は、読めば男子力あがるかも、な全7巻。

 

『きまぐれオレンジロード』(まつもと泉)

 こちらもアプリ版限定公開作品。

 私の人生において、フィクションの世界の女性に惹かれたのは、この作品のヒロイン、「鮎川まどか」が初めてであったと思う。

 

 気持ち悪いだって? いやいや、おなじ思いをした当時のティーンエイジャー、現在のアラフォー男は、たくさんいるはずだ。

 世間では不良として認識されている、クールな女子でありながら、本当はけっして冷たくはない鮎川まどかのオンとオフに、やられたわ。

 

 ダブルヒロインであり、ひかる、という女の子もいたのだが、私はなんの感情もわかなかった。

 だが、「ひかる派」というのも存在したのだろうか。ご意見をうかがいたし。

『きまぐれオレンジロード』は、鮎川のような女子と出会いたくなる全10巻。

 

 

まとめ

 ーーということで、『漫画図書館Z』オススメ漫画10選、は以上である。

 ざざっとかんたんな解説文で申し訳ないが、独断と偏見で選んでみた。

 まだ読んでない作品がわんさかあるため、これ以上の選別作業は、またべつの機会にでも。

 

 えっ? 10番目は自分の作品を選ぶボケがあると思ってた、って?

 いやいや、さすがにそれは。

 前回の記事において、アホな感じで盛大にフィーチャーしたし。(過去記事:漫画家「読者も忘れてよ…」漫画の中で作者に忘れられた設定たち!

 

 でも、まあ、入口だけでも小さく作っておくことにするか。

 『漫画図書館Z』オススメ漫画、選外『ベルモンド』(石岡ショウエイ)

 

     * 

 

 今回の記事を読んで、すでに『マンガ図書館Z』を熟知している方のなかには、「あの作品を薦めずにどうする!」と異論をお持ちだったりする方もいらっしゃるだろう。

 そういった作品の宣伝普及活動は、ぜひともみなさんに引き継いでいっていただきたい。

 なにしろ『漫画図書館Z』は、ただでいいからとにかく読んでくれ、と作者自身も思っているサイトなのだから。

 

 

・こんな記事も読まれています