石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

リリー・フランキーと吉田鋼太郎/似てる二人の似顔絵を描き分け

 好評かどうかはさておき、やってまいりました、第3回。

 石岡ショウエイがお送りするお絵描き企画『見ないで描いてみよう』の時間です。

 

 この企画は、私が読者の皆様からお題をいただき、頼りない記憶をもとに、有名人の似顔絵を描くというものである。

 自室でひとりさみしく、というのがみそ。

 

 第1回「マツコ・デラックス」、第2回「奥田民生」ときて、今回いただいたお題は、「吉田鋼太郎」であった。「リリー・フランキー」と見分けがつきにくい、という付加情報つきで。

 そうそう、前から思ってた!

 ふたりの姿を思い浮かべてみる。

 

 うん、ひとりしか浮かばない。そしてそれが吉田鋼太郎なのか、リリー・フランキーなのかわからない。

 きっと、「リリー・鋼太郎」だ。ドラゴンボールのフュージョンを行ったんだな。

 

 

 冗談はさておき、難題をいただいたほうが、やりがいがあるというもの。

 ということで今回は、吉田鋼太郎とリリー・フランキー、ふたり同時に挑戦することにした。

 

 

◆リリー・フランキー

(1963年11月4日 -)

 マルチタレント。

 2013年の映画『凶悪』での、ピエール瀧との悪党っぷりは見事だった。『バクマン。』では佐々木編集長の役もやっていた。

 

◆吉田 鋼太郎

(よしだ こうたろう、1959年1月14日 - )

 俳優。ドラマ『ゆとりですがなにか』でのレンタルおじさんの役は、頼りなくて、でも憎めなくて、あらたな一面を見た気がした。

 

     *

 

  ではいってみよう。双子を描かないようにせねば。

 

 

第3回 見ないで描いてみよう:「リリー・フランキー×吉田鋼太郎」編

 

【1】左をリリー・フランキー、右を吉田鋼太郎とする。

 まずは輪郭から。

 うーん、違いを意識せねば、まったくおなじものを描いてしまう。

 あえて分けるなら、リリーは「文化系」で、鋼太郎は「体育会系」のイメージ。

 リリーを柔らかくて丸みをおびた輪郭、鋼太郎を固くて角張った輪郭にしよう。

 

f:id:necole_kidman:20160713154906j:plain

 リリーを陰のある「うつむき」、鋼太郎を陽気な「あお向け」にした。 

 リリーはTシャツ、鋼太郎はスーツだ。

 うむ、わりとイメージの違いが明確になった気がする。似てない似てない。と自分に言い聞かせる。

 

 

【2】口を配置しよう。

 イメージ的に、リリーはエロくて、鋼太郎はスケベ。

 セクシーなレディを見たとき、リリーは薄い笑みを浮かべ、鋼太郎は陽気に笑うんだ、たぶん。

 

f:id:necole_kidman:20160713154913j:plain

 うん、間違ってない。事前の不安から一変、今回はかなりうまくいく気がする。 

 

 

【3】目の輪郭線を引く。

 だれを描くときもそうだが、目は人の印象を決める最重要パーツ。線を入れるのは緊張をともなう。

 リリーも鋼太郎も下がり目だが、違いはあるはず。

 リリーの目は、細くてニヒルな空気を醸し出している。鋼太郎の目は、曇りのない明朗な感じか。

 

f:id:necole_kidman:20160713154918j:plain

 うん、いいよいいよ。

 

 

【4】眉毛。

 これも人の印象をかなり変えてしまうパーツ。女性なんて眉の描き方で別人になってしまう。

 リリーは細めで下がり眉、色気がある。鋼太郎は、うーん、リリーよりは太めで、力強さがあったかも。

 

f:id:necole_kidman:20160713154923j:plain

 いかん、はずれてきたか。

 リリーがえらい悪者っぽく見えてきた。すぐ裏切りそう。鋼太郎はいかにも善玉、裏切られそう。

 

 

【5】髪を生やそう。

 これはイメージがしっかり分かれてる。

 リリーはロン毛で、柔らかい髪を後ろに流してる。鋼太郎は生えぎわがM字で、硬い髪をオールバック気味に。

 

f:id:necole_kidman:20160713154934j:plain

 大きく間違ってはいないはずなのだが、リリーはなんかオラついてるな、若すぎるし。鋼太郎は逆にまじめすぎる。彼にもオラついた面があったはずなんだが。

 

 

【6】リリーに無精ヒゲを。それぞれに年相応のしわを配置。

 

f:id:necole_kidman:20160713154942j:plain

 リリーが麻薬の売人みたいに・・・!

 だとするなら、鋼太郎は麻薬取締官か。対立させることで、脳内のイメージに明確な違いをもたらせ。

 

 

【7】黒目を入れよう。

 画竜点睛という言葉があるが、黒目を入れると、その絵はいったんの結末を迎えてしまう。ので、描くのはちょっとした勇気がいる。

 さて、これはどうなるか。

 リリーはエロティックな流し目で、鋼太郎は正面をしっかり見すえるイメージ。

 

f:id:necole_kidman:20160713154947j:plain

 リリーから、売人の世界から足を洗おうとする気配が見える。

 鋼太郎よ、しっかり助けてやってくれ。

 鋼太郎にワルな香りがなさすぎるなあ。リリーにだまされちゃうぞ?

 

 

【8】ここまでを下絵として、本線を入れていく。

 

f:id:necole_kidman:20160713154953j:plain

 リリー、気をつけないと「ライムスター」の「Mummy-D」にもなってしまいそう。私的に、このふたりも似てるんだ。ファンだし、引っぱられてしまう。

 

 

【9】眉毛を一新してみよう。

 リリーは下がり眉毛ながら、柔らかい感じに。鋼太郎は逆につりあげて、オラついた面を含ませてみる。

 

f:id:necole_kidman:20160713154959j:plain

 リリー、遠からず。鋼太郎も悪くないのでは?

 

 

【10】目の輪郭をすすっと。

 リリーはさらに細く垂らして、エロさをアップ。鋼太郎も垂らすが、ぱっちり路線のまま、精力的な感じで。

 

f:id:necole_kidman:20160713155004j:plain

 リリーがふたたびダークサイドに! ドラッグの世界は闇が深かったか・・・。

 鋼太郎は強そう。今度はかんたんにはだまされない感じ。

 

 

【11】黒目を入れて、ほぼ完成形か。

 

f:id:necole_kidman:20160713155009j:plain

 リリーは悪くないと思う。若すぎるし、フリースタイルのラップを始めそうだけど。

 鋼太郎が遠いなあ。リリーとの対称化を意識しすぎたせいか、いろいろ足りない気がする。でもなにが足りないかわからない。

 

 

【12】色を入れてみる。

 リリーは落ち着いた黄色が浮かんだ。鋼太郎のスーツは、ド派手ではないが、華やかさが強め。

 あ! 反則かもしれないが、鋼太郎に小道具を。四角い黒縁メガネをかけてる姿が浮かんだ。目を修正しつつ、メガネオン!

 

f:id:necole_kidman:20160713155030j:plain

 リリーはもう限界、フィニッシュ。

 鋼太郎は、さっきよりも近づいたと思うが、似ているとはいいがたい。後ろ髪を足してみようか。うん、すこしオラついてくれたかも。

 でも、もう思考が詰んだ、フィニッシュ。

 

 自己採点。リリー・フランキー、55点。吉田鋼太郎、25点。

 さて正解を描きますよ。鋼太郎はどこを間違えたんだろう・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【13】ああ・・・。

 

リリーフランキーの似顔絵イラストと、吉田鋼太郎の似顔絵イラスト.1

 リリーはオールバックではなかったのか。だから私のはオラついて見えたんだ。ヒゲは無精ヒゲではなく、しっかり生えてるね。

 鋼太郎もヒゲだったか! これを見落としてれば似ないわ・・・。眉は吊ってない、穏やかじゃないか。メガネはあってたようだが、輪郭は丸みをおびてるね。

 

 見比べると、髪型以外はこのふたり、やっぱ似てる。違いは、リリーの輪郭が面長で、鋼太郎の目がややセンター寄り、ってとこかなあ。

 

 

【14】それぞれを見比べてみよう。まずはリリー。

 

f:id:necole_kidman:20160713155041j:plain

 うん、遠くはない。若くてヤンチャ度が高いけど、及第点はだせる。

 

 

【15】つづいて鋼太郎。

 

f:id:necole_kidman:20160713155049j:plain

 これはダメだ。左の手配書で、右を逮捕することはできないだろう。

 私のはちょっと攻撃的すぎる。実物は柔らかい。

 私のは教頭先生っぽくて、実物は校長先生っぽい。格が違う。

 

 

 今回は、一勝一敗、といった感じだろうか。リリーと鋼太郎を似せないようにしつつ、それぞれには似せる、というのが本当に難しかった。

 鋼太郎のヒゲを失念していたのが、決定的な敗因、くやし~!

 

 

 さて、おまけとして、リリー・フランキーと、前述のMummy-Dを並べてみる。

 うん、やっぱ似てる。私のリリーは、Mummy-Dのほうが近かったかもしれない。

 

リリーフランキーの似顔絵イラストと、Mummy-Dの似顔絵イラスト

 

『リリー・フランキーの描き方』ポイントまとめ

  • 輪郭は面長で、ヒゲはしっかり
  • なでつけた柔らかい髪
  • 細めの下がり目
  • 水平から尻だけ下がる眉

 

『吉田鋼太郎の描き方』ポイントまとめ

  • 輪郭は意外と丸くて、ヒゲは短めだがしっかり
  • 硬めの髪で、生えぎわはM字
  • ぱっちり力のある下がり目、ややセンター寄り
  • 黒縁メガネは、らしさを強めるアイテム

 

 これで似てると噂されるふたりも赤の他人に!

 

リリーフランキーの似顔絵イラストと、吉田鋼太郎の似顔絵イラスト.2

 あらためてデフォルメするとこんな感じ? リリーが押井守監督にも似てきた・・・。

 

 

 はい、「第3回 見ないで似顔絵を描いてみよう:リリー・フランキー×吉田鋼太郎」はここまで。苦しくも、なかなか楽しい戦いでありました。

 お題をゆるくお待ちしております。

 

 

 そのほかの開催模様はこちら。

 

 

 似顔絵の作成を承っております。アイコン、名刺、プレゼントなどに、アプリではできないものを。


     *

 

 Mummy-D氏といえば、ヒップホップユニット「ライムスター」のメンバーであることはふれた。

 じつは先日、もうひとりのラッパー、宇多丸氏が出演するMXTVの番組『バラいろダンディ』で、このブログの記事が紹介されるというミラクルがあった。 

 情報元を明示していただけなかったので、このブログの閲覧者が急増、なんてことはまったくなく、微増にすらつながらなかったが残念ではあったが。

 

 紹介されたのはこの記事「洋画のひどい邦題 まとめ40選!」で、結構な拡散数だったので、スタッフの目に止まったようだ。

 映画好きで知られる宇多さんにイジってもらえたのは、うれしいかぎり。

 ライムスターは、漫画を描くときのヘビーローテーション・アーティストのひとつだったなあ。