石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

伊勢神宮の帰り、夜道でエイリアンvsプレデターに遭遇/二見浦

バラエティー

 そのむかしは、伊勢神宮にお参りする前に、二見浦の海辺で身を清めた。

「浜参宮」といい、ここには、「二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)」と、「夫婦岩」がある。

 夫婦岩は全国各地にあるが、こちらの夫婦岩が、もっとも親しまれているもの。

 順序が逆になったが、足を運んでみた。

 

お伊勢様にはたくさんのカエルと仁王様のごときエイリアン&プレデターがいたケロ!

二見浦:夫婦岩

f:id:necole_kidman:20161016185312j:plain

 海岸沿いの参道。

 

 

f:id:necole_kidman:20161016185322j:plain

 ごくシンプルなデザインの鳥居をくぐり、右にカーブしたさきに――

 

 

 夫婦岩がッ!

f:id:necole_kidman:20161016185332j:plain

 っておいおい、夫婦岩より君のほうが気になるケロ。 

 

 とはいえ、歌川広重も描いた風景を眺めていると思うと、絵を描くものとしては、胸に来るものがある。

f:id:necole_kidman:20161016185243j:plain

 

 

 それにしてもカエル、たくさんいる。

f:id:necole_kidman:20161016185350j:plain

 この神社に祀られている、猿田彦大神の使いが、カエルなのだそう。

 

 

f:id:necole_kidman:20161016185402j:plain

 鳥居越しに、夫婦岩の間から昇る朝日は、神々しいこと筆舌に尽くしがたし、だろう。

 時期が限られるので、カメラマン同士の醜いポジション争いが展開されそうだが。

 

 

 夫婦岩よりも、ついついカエルをメインにシャッターを切ってしまう。

f:id:necole_kidman:20161016185410j:plain

 

 

 手水舎では、柄杓で水中のカエルに水をかけてあげる。

f:id:necole_kidman:20161016185425j:plain

 

 

 とにかく多い、カエル様。 

f:id:necole_kidman:20161016185434j:plain

 

 

 しっかり夫婦岩を拝もうと思うものの、

f:id:necole_kidman:20161016185443j:plain

 

 

 やっぱりカエルが気になってしまう。

f:id:necole_kidman:20161016185450j:plain

 ん? 夫婦岩の左手にある岩、烏帽子岩(えぼしいわ)という名前らしいが……、

 

 

 こ、これは!

f:id:necole_kidman:20161016185455j:plain

 親ガエルの背に乗っかる子ガエルでしょ!

 

 実際、カエル岩とも呼ばれているのだそう。

 長旅でお伊勢参りに訪れた人たちを、守る存在。

 ぶじに帰る(カエル)、なんてダジャレが、とてもありがたく思える。

 

 

二見浦:旅館街

 この近辺は古くからの旅館街で、私もこの日の宿をとった。

 そして夜に散歩をしてみると――

f:id:necole_kidman:20161016185517j:plain

 

 

 いい感じの旅館に……

f:id:necole_kidman:20161016190404j:plain

 

 

 ドンッ!

f:id:necole_kidman:20161016185532j:plain

 

 

 ギャァ~ッ!

 なんでエイリアンが!?

f:id:necole_kidman:20161016185541j:plain

 よく見れば、なんらかの金属パーツの集合体で造られた、現代アートだ。

 左手にエイリアン、そして対面するように右手には……

 

 

 ドドンッ!

f:id:necole_kidman:20161016185548j:plain

 プレデター!

 こんなところでエイリアンvsプレデターの戦いを拝むことができるとは!

 

 

 夜に突然こんなものが見えたら怖いわっ!

 海外のアーティストの作品で、展示してあることに深い理由はないそうなのだが、私はかってに、「これは現代の仁王像なのだ」と解釈した。

 

 奈良の長谷寺で仁王門が見られなかった私は、しずかに手を合わせるのであった。

f:id:necole_kidman:20161016185559j:plain

 

     *

 

 伊勢神宮の内宮に祀られている天照大神は、太陽の神様だ。

 そう考えると、この地に昇る朝日は、とてもありがたいもののような気がした。

 ぜひ、見てみたい。

 

 そして明け方。

 夫婦岩まで拝みに行く元気はなかったが、宿の窓から見られることを期待し、スタンバイ。

f:id:necole_kidman:20161016185616j:plain

 

 

 だんだん明るくなってきた。なかなかの朝焼けである。

f:id:necole_kidman:20161016185627j:plain

 

 

 夫婦岩の片方が見えているのがおわかりいただけるだろうか。

 その向こうから朝日が昇ることを期待。

f:id:necole_kidman:20161016185634j:plain

 

 

 ん?

 夫婦岩の手前の防波堤みたいな所に、人が集まっている。

f:id:necole_kidman:20161016185644j:plain

 もしや、彼らと夫婦岩をつなぐ直線の延長線上に、日の出が?

 だとしたら、私のいる場所からは、拝めない……。

 

 ああっ……

f:id:necole_kidman:20161016185658j:plain

 こりゃいかん、はやり太陽は、期待よりかなり右側、山の向こうだ。

 残念、そう甘くなかった。

 まあ、この朝焼けも十分美しいが。

 

 

f:id:necole_kidman:20161016185711j:plain

 そしてお日様は、雲の向こうにお隠れになってしまいましたとさ。

 

 

おまけ

 宿から徒歩圏内のお食事処「扇屋」で、ちょっと奮発していただいた扇屋定食。

f:id:necole_kidman:20161016224130j:plain

右上:カキフライ&エビフライ

左下:エビマヨ

左上:伊勢エビ

中央:松阪牛のハンバーグ

 

 ひえっ、贅沢すぎる……。

 ごちそうさまでした!

(時期によって素材は多少、変化する模様)

 

 私はいただけないが、地ビールのラベルもおしゃれだった。

お伊勢参りで伊勢の地ビール、神都ビールを。

 古代米を使っているせいか、甘い香りがした。

 以上であります。

 

     *

 

・こんな記事も読まれています。

 

 

 お店で食べる赤福は、お土産でもらう赤福よりも、柔らかった。

 地ビールを飲み比べる旅も楽しいだろうなあ。

Amazon 伊勢角屋麦酒 地ビール