石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

世界遺産、五箇山&白川郷はテーマパークのアトラクションだった

バラエティー

 夏が過ぎ、風あざみ~♪

 

漫画・世界遺産、五箇山&白川郷で少年時代を口ずさむ

 

 その地に暮らす人々も含めて、世界遺産なのだ。

 

 

五箇山、白川郷の「合掌集落」

 富山の五箇山地域、岐阜の白川郷地域、それぞれに存在する合掌造りの集落が、1995年、世界遺産に登録された。

 集落は北から、五箇山地域の「相倉(あいのくら)」「菅沼(すがぬま)」、白川郷地域の「荻町(おぎまち)」の三つ。

 

 相倉

世界遺産、五箇山&白川郷で少年時代を口ずさむ・相倉 

 

菅沼 

世界遺産、五箇山&白川郷で少年時代を口ずさむ・菅沼

 

荻町

世界遺産、五箇山&白川郷で少年時代を口ずさむ・荻町

 

 

 以下の記事でもふれた「アニメ街道」の西ルート、国道156号線沿いにある集落である。

 アクセスは、東海北陸自動車道の「五箇山IC」および「白川郷IC」 から。

 

     *

 

 写真に見える合掌造りの家々は、けっして「過去の遺物」ではない。

 人々が現在も生活を営む住居である。

 

「村そのもの」が世界遺産に認定されるのは、とても珍しいこと。

 登録の時点では、ハンガリーのホッローケー、スロバキアのヴルコリニェツに続く、世界で三例目だった。

 

 世の中がどんどん便利になっていく中で、古きものを守りながら生きていくというのは、そうとう大変なことだと察する。

 極端な話、そこが自宅の寝室であろうと、釘一本打つにも許可が必要になる。

 

 繰り返すが、この地に暮らす人々も含めて世界遺産、そういっても過言ではない。

 あの日の少年たちよ、ありがとう。

 

     *

 

・こんな記事も読まれています。

 

 

 五箇山の地酒といえば、「三笑楽」!

・Amazon