石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

こんなジブリはお嫌い?/宮崎駿監督が復帰したとしての最新作は…

 公式サイトで「ジブリ総選挙」なるものが開催された結果、1位に選ばれたのは、『千と千尋の神隠し』だった。

 個人的な好みはさておき、興行的に大成功したのだから、納得ではある。

 

 ジブリのアニメ界での存在感、位置づけは、今後どうなっていくのだろう。

 すでに、一般ウケもするアニメといえばジブリ、という時代でもない。

 細田守監督や新海誠監督の台頭は、じつに喜ばしいことだ。

 

 とはいえ、ジブリが新作をだすたびに、チェックせずにはいられなくなる衝動は、当分つづくだろう。

 どんな企画が生まれるのか、勝手に想像をふくらませてしまう。

 たとえばこんなのはいかが?

 

 

◆『となりのとなりのトトロ』

イラスト『となりのトトロ/となりのとなりのトトロ』

 

 真ん中、誰だよ!

 

<あらすじ>

 とある中年男が村にやってきた。

 トトロ、なるふしぎな生き物の噂を聞き、自分も会ってみたい、ふれてみたい、という気持ちが抑えられなくなったという。

 しかし中年男の、ふれてみたい、という欲求の対象は、徐々にメイとサツキ姉妹に移っていく・・・。

 近所の少年、カンタは二人を守れるのか?

 一瞬も目が離せないサスペンス作品!

 

 

 ・・・・・・ダメ?

 では今回は、仮に宮崎駿監督が復帰したとしても、こんな作品なら観たくねえ! という妄想企画でいってみる。

 ジブリファンのみなさん、怒んないでね・・・。

 

 

次回作、こんなんだったらアンチジブリ化する!

『耳をすませ』

イラスト『耳をすませば/耳をすませ』

 

<あらすじ>

 少年、天沢聖司は、表向きは優等生だが、じつは片思いの相手、雫を執拗にストーキングするサイコ野郎だ。

 読んでもいないのに図書室の閲覧カードに記名し、雫に自分の存在を認知させようとしたり、こっそり隣の席に座って匂いをかいでみたり。

 

 雫が作家志望であることを知ると、自分はバイオリン職人を目指していると偽り、夢を叶えるために一緒にがんばろう、と接近する。

 なんの疑いも持たない雫は、ある日、「工房を見に来ないか?」と誘われ、まんまと出向いてしまう。

 そこで雫を待っていたのは、見知らぬおじさんたち・・・・・・。

 異性が怖くなるサイコスリラ―作品!

 

 

 

『千と千尋の金隠し』

イラスト『千と千尋の神隠し/千と千尋の金隠し』

 

<あらすじ>

 ある村に行きついた少女、千尋。

 両親が、店員がいないにも関わらず、飲食店で好き勝手に飲み食いを始めたことから、この村ではそういうことが許されるのだと勘違いし、欲深な性分を全開にする。

 

 そして村一番の金持ち、湯婆婆の家に、使用人のふりをして潜入。 

 白という、おかっぱ少年をお色気で籠絡すると、隠し財産のありかを白状させ、それを奪った。

 年寄りをだます少女に鉄槌を下す者はいないのか?

 社会派の問題作!

 

 

 

『金足りぬ』

イラスト『風立ちぬ/金足りぬ』

 

「千尋のやつ、とんでもないものを盗んでいきおって・・・」

 

<あらすじ>

 戦争反対、といいつつも、最強の戦闘機を造ろうと日々励む青年、堀越。

 彼は資金が底をつくと、出資を募ろうと、ある資産家を訪問する。

 彼女は、美しいものが好きな堀越にとって、吐き気をもよおすようなクソババアだった。

 

 けれども、なんと彼女は、空を飛べた。

 その飛行術は、戦闘機の製作におおいに貢献するのであった。

 虚実を織りまぜたプロジェクトX的ドラマ!

 

 

『天狗の城ラピュタ』

イラスト『天空の城ラピュタ/天狗の城ラピュタ』

 

<あらすじ>

シータ「見て! あの雲の中に、天狗の城があるんだわ!」

パズー「行ってらっしゃい」

シータ「えっ?」

 

 

 

『風の谷、ナウ』

イラスト『風の谷のナウシカ/風の谷、ナウ』

 

 すでに死語では・・・。

 

<あらすじ>

 メーヴェに乗って、きょうも姫様は自由気ままに旅をする。

 明日はあなたの街に現れるかも・・・。

 ふれあい旅情作品。

 

 

 

『痴女の宅急便』

イラスト『魔女の宅急便/痴女の宅急便』

 

 <あらすじ>

 わたし、魔女っ子キキ♪

 でも魔法は使えないし、ドジだし、失敗を繰り返す毎日。

 きょうも、宅配物のニシンのパイを、雨で濡らしてしまいました。

 受け取ったお客様は激怒。誕生日パーティーの余興として、私にあんなことや、こんなことをさせるのです・・・。

 

 注目の新人、AV界に降臨! 

※本作は未成年の方はご覧になれません。

※幼く見えますが、キキは成人年齢です。

 

 

 

『ホモの気(け)姫』

イラスト『もののけ姫/ホモの気姫』

 

 <あらすじ>

 人間と、もののけ、二つの世界の狭間で揺れる少女サンは、じつは男と女の狭間でも揺れていた。

 環境問題とジェンダー問題に踏み込んだ野心作。

 

 

 

『ハウルの動く下』

イラスト『ハウルの動く城/ハウルの動く下』

 

<あらすじ>

 ハウルという名のホストが、女をたぶらかしたり、たぶらかされたりする物語。

 

 

 

『崖の上の放尿』

イラスト『崖の上のポニョ/崖の上で放尿』

 

<あらすじ>

 ポニョ、宗介、好き~・・・・・・、ってほどでもない~。でも尿酸値が高いから気をつけて~。

 

 

 

『紅のメス豚』 

イラスト『紅の豚/紅のメス豚』

 

 「ヤれない豚は、ただの豚だ」

 

<あらすじ>

 戦闘機と女の操縦なら俺に任せとけ。 

 ただ、フィオもジーナも、予想以上になっちまったぜ。

 

 

     *

 

 ――以上。 

 なんか後半は下ネタラッシュ、実際にパロディAVにあるかもなタイトルになってしまった。AVでじゃなくても、ナイツあたりがやりそうなネタ。

 かぶってたらすんません。

 

 

・ジブリネタ、こんなのも書いてます。


 

おまけ

 雨降って、地、うごめく。

 昨夜は雨。そして突然、生えてきた。

 

f:id:necole_kidman:20160908163323j:plain

『もののけ姫』の「こだま」かと思った。

 

f:id:necole_kidman:20160908163335j:plain

「カラカラカラッ」

 

f:id:necole_kidman:20160908163358j:plain

  お名前、だれかご存じ?

 

     *

 

『シン・ゴジブリ』

シンゴジラ×ジブリ=シンゴジブリ