石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

ジブリ作品のここが嫌い! アンチ宮崎駿は非国民?アニメ映画ワースト・ランキング

映画×妄言 人気オススメ記事

 私は叫びたい。ジブリ嫌いじゃダメなのか!

 

 公式サイトで、「スタジオジブリ総選挙」なるものが開催。

 新作『レッドタートル ある島の物語』の公開を記念した企画だ。

 これまでの長編アニメ作品、全21本を対象にしたもので、1位に選ばれた作品は、劇場でリバイバル上映されるという。

(※集計の結果、『千と千尋の神隠し』が選出された)

 

 ふーん。

 

 ジブリ作品は、いまや日本人の共通言語みたいな扱いになっている。

 見てて当然で、好きで当然で、見てないことをカミングアウトしたら、驚き顔で言ってくる。

「うそーっ、絶対見なきゃダメだよ~、人生損してるよ~」

 

 うぜえ。

 

ジブリアニメの集合イラスト

 

 アンチジブリの俺、登場。

 ジブリ作品を見るくらいなら、ゴールデン・ラズベリー賞を獲った映画でも見てやる。

 酷評された『ファンタスティック・フォー』(2015)のほうがまだマシだろう。

 

 

 ・・・・・・あれ? ほんとにキツいな、これも。

 うーん、よし、気分転換にこんな記事でも書くとしよう。

 

ジブリ作品、この順で嫌い! ワーストランキング  

 言ってやる、好き放題に言ってやる。

 ジブリ教の信者は、このブログから去るがよろし。たがいのためだ。 

 

 さあ、あなたの好きなあの作品は、俺にとって何番目に嫌いな作品だろう。

 

 

メラメラしてきた! 第21位~第11位 

第21位『紅の豚』(1992年)

 

 おいポルコ、ブサイクでもモテる、なんて幻想を現実のブタどもに抱かせるんじゃねえ!

 フィオ、ポルコの前で無邪気に服脱いで海に入ったり、「キスしてみようか」っていってみたり、天然ぶったエロティシズムを振りまいてるけど、ホントは計算ずくなんだろ、この性悪オヤジキラーが! 

 

 初めて買ったDVDがこれだったわ、ピンバッチのおまけにつられた俺、速攻で、なくしてんじゃねえ、ファック! ピッグ!

 

 

第20位『となりのトトロ』(1988年)

 

 メイちゃん、トウモロコシを、トウモ「コロ」シって言い間違えるの、わざとなんだろ? 私、かわいいでしょ、っていうアピールなんだろ?

 でも「トウモコロシ」って、漢字で書くと「父も殺し」なのか? なんかの比喩なのか? 恐いわ!

 

 そもそもメイちゃん、姉のさつきより顔でかすぎだ!

 もうすこし成長したら、「お姉ちゃんと違って、私は顔でかいし、美人じゃないし、顔でかいし、あと、顔でかいし……」なんてコンプレックスに思う日が来るのが目に見えて、悲しくなるわ! 

 

 だいたい、パッケージの女の子、メイなのか、さつきなのか、どっちなんだ!

※構想の時点では、ひとりのキャラだったことの、なごりだそうな。善(神)と悪(大魔王)に別れたピッコロみたいな感じ?

 

 

第19位『風立ちぬ』(2013年)

 

 おい宮崎、引退発言の撤回はいつするんだよ。

 まだか? まだなのか?

 ・・・・・・ほんとに、引退しちまったのか? こっそりプロジェクトは進行中、とかじゃないのか?

 

 世のファンたちは『シン・ゴジラ』を観て、もうバトンはタッチされたんだな、って安心してそうだぞ!

 

 

第18位『風の谷のナウシカ』(1984年)

 

 テレビ放送、何回やってんだよ!

 じゅ・・・、16回!? 視聴率もいい!?

 

 みんな、何回見てんだよ!

 そこまで好きならDVD買え!

 

 でも、持ってても、見ちまうんだろう?

 

 ・・・・・・俺だ、くそ!

 今度はいつですか?(わくわく)

 

 続編の計画はどうなってるんだ? 定期的に話がわいては消えていくけど、やっぱり庵野秀明監督なんだろ?

『シン・ゴジラ』、あれが巨神兵だったら、って想像してテンション上がったわ。

 

 

第17位『天空の城ラピュタ』(1986年)

 

 夏に入道雲がもくもくしてたら、「あそこにラピュタがあるんだ!」とかいうやつが現れてうぜえんだよ、バルス!

 

 食パンに目玉焼きを乗せても、あんなにうまそうに見えないぞ、どうやればいいんだ?

 えっ、かわいい女の子とふたりで分ける? それは難しすぎだ、バルス!

 

ドーラ「40秒で支度しな」

 なんすか、その中途半端な時間は!

 

ドーラ「(シータは)あたしの若いころにそっくりだよ」

シャルル「え? ママのようになるの? あの子?」

 公開から30年たった。そろそろ、なっているってことか・・・・・・、バルスバルスバルス!

 

 

第16位『魔女の宅急便』(1989年)

 

 キキ、パンツ見せんな!

 

 ばあちゃん手作りのニシンのパイを嫌がった女、おまえのことを、なんて嫌なやつだと思ってた。

 けど、ニシンのパイ、ネットで調べたら、あれはひどいな、あんなもん食えるか! ニシンと目が合いそうで恐いわ!

 

 キキ、パンツ見せんなって!

 

 

第15位『耳をすませば』(1995年)

 

 イタリアでヴァイオリン職人になる? 作家になる? 夢見てんじゃねえ、このお花畑リア充どもが!

 俺も、舞台のモデルになった聖蹟桜ヶ丘駅を通過するたびに、なんだかわくわくするようになっちまったじゃねえか!

 

 公開当時は、いいなあ、なんて気持ちで見てたけど、歳をとるにつれて、見るのがつらくなってきたわ。

 現実は、そううまくはいかなってことに、気づくからね。

 夢見るころに戻りたい・・・。

 

 父親の声を担当した立花隆、いままで観た全映画の中で、もっともセリフが棒読みだったぞ、ミスター・バー(棒)!

 近藤喜文監督、あなたの作品が、もっと見たかったです。

 

 

第14位『ハウルの動く城』(2004年)

 

 劇場で大友克洋監督の『スチームボーイ』を観る直前に、ハウルのトレイラーが流れて、動く城の描写に、すげえ、って感動したわ。

 

 おかげで、『スチームボーイ』の中にもあった巨大要塞の移動シーンに、まったくテンションが上がらなかった。

 見せ場が台無しだ、大友監督が不憫!

 

 

第13位『崖の上のポニョ』(2008年)

 

 前半のテンションの高さと、後半の低さのギャップはどういうこっちゃ。逆では? 後半はちょっと眠たかったわ。

 

 前半は5万点だけどな!

 

 

第12位『千と千尋の神隠し』(2001年)

 

 序盤の、千尋に対する母親の態度の淡白さ、冷たさが、なんか見ててつらいんです。

 千尋、こんな世界に、もう戻ってこなくてもいいんじゃね? 湯女の先輩リン、あいついいやつじゃん、いっしょに海の向こうの街に行きなよ。

 

 あと、最初に発売されたDVDの「画面がなんか赤い」問題、劇場で観たときと印象がまるで違ってて、本当にショックだった。

 わざとです、っていってたけど、マジで~? マジで~?

 

 いま売ってるやつは赤み軽減版なんだってね。もう一度買えと? ファック! ピッグ!

 

 

第11位『もののけ姫』(1997年)

 

 森繁久彌御大、なにしゃべってっか、わっかんねえっすよ!

 

 ナウシカとの差別化が、宮崎監督の中ではできていたんだろうが、私の中では、なかなかできなかったなあ。

 

 あと、多くが感じたことだろうが、自分を好いてくれてる女の子(カヤ)からもらった物(玉の小刀)を、いくらお守り的な意味合いだとはいえ、他の女(サン)にあげちゃうの、どうなんだろ。

 

 それ、「あいつからの貢ぎ物を、こいつに贈って~、こいつからのを、あいつに贈れば~、プレゼントがノーコストに♪」っていう、女慣れしまくってるホストの行動だ。

「いつもカヤを想おう」っていってたくせによう。・・・・・・このセリフ、なぜ入れたんだろ。

 私は祈る。どうかカヤに、もっとすてきな男が現れていますように・・・!

 

 公開当時、この映画には宮崎作品のタイトルにおける定番ワード「の」がふたつも入ってるから、絶対ヒットする、って宣伝してたけど、ボケだよね?

「助詞」の「の」じゃないとダメでしょ。

 

 あ、いや、「もののけ」も、もとは「物の怪」であり、最初の「の」は名詞の一部だが、二番目の「の」は助詞と解釈してもいいのか?

 張りつめた~弓の~♪ 米良さんとすれ違ったことあるよ!

 

 

嫌い度がぐんぐん増してきた! 第10位~第4位

第10位『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)

 

 小人を執拗に追い回す家政婦のババア、ハル。

 脇役なのに、いやな感じが強すぎるわ。

 

 ハルのキャラが、痴呆ぎみのおばあちゃん、とかだったらなあ。

 小人のことを、ネズミかなんかと勘違いしてたって設定にして、悪人のいない、やさしい世界の物語として再編集してくんないかなあ。

 見返す気が起きにくいんだ。

 

 本当に、ハルの存在感が強すぎる。むしろハルをラスボスに設定した別の作品を作ってほしいくらい。

 

 

第9位『思い出のマーニー』(2014年)

 

 ジブリなのにミステリーチックな構成にしやがって! 新鮮だったわ!

 

 おい杏奈、「太っちょ豚」なんて暴言吐いても許してくれる、心の広い太っちょ豚(一歳年上の女の子)を大切にしろよ!

 

 むしろ太っちょ豚のエピソードをもっと見たい!

 あんなブサイク設定なのに、なぜあそこまでスマートな大人対応ができるんだ。

 いろいろ経験してきたんだろ? つらいこと、たくさんあったんだろ? 思う存分語ってごらん、いくらでも聞くよ、太っちょ豚。 

 

 太っちょ豚、本名なんだったかな。

 ・・・・・・あ、信子。「ぶ」って音を名前に入れるあたり、とことん豚推しだな! ピッグ!

 

 

第8位『コクリコ坂から』(2011年)

 

 朝ドラの序盤を見てるような感覚になった。

 吾朗監督が、父の背中を追いかけてはいないことを知らされた気がした。

 喜ぶべきか、悲しむべきか。たぶん、喜ぶべきなんだろう。

 

 

第7位『猫の恩返し』(2002年)

 

『耳をすませば』関連作であることを意識しすぎて大やけどしたわ。

 ジブリに求めているのは、キャラデザイン込みであることに気づいた。

 原案があったとはいえ、おなじ方がデザインした『東のエデン』はよかったんだけどなあ。

 

 あと、猫は恩返しなんてしなくていいです。とことん身勝手でお願いします。私は下僕です。

 

 

第6位『ホーホケキョ となりの山田くん』(1999年)

 

 4コマ漫画を長時間、ひたすら並べ連ねられても、ねえ・・・。

 五分間アニメとして、テレビの隙間時間に放送したら、いまでも通用すると思います。

 うん、やればいいのに。

 

 

第5位『平成狸合戦ぽんぽこ』(1994年)

 

  自分、ネコ以外の動物、あんまり興味ないッス。

  あと、メッセージ性が強い作品も、道徳の授業を受けてるような気分になるので・・・。

 

 

第4位『かぐや姫の物語』(2013年)

 

 制作費、ご、ごじゅうおくえん・・・・・・!

 

 でも自分、昔話、苦手ッス。

 アート性が強いのも、苦手ッス。

 

 

もはや、ZZZ・・・ 第3位~第1位 

第3位『おもひでぽろぽろ』(1991年)

 

 若い女性にほうれい線は描かなくていいっすわ、なんか怖い・・・。

 あと、なんでだろう、思い返すと、すべてのシーンがアニメ絵じゃなくて、声を担当した今井美樹と柳葉敏郎の実写で再生される。

 

※キャラデザインの段階から、今井美樹と柳葉敏郎をモデルにしていたそうです。

 

 

第2位『ゲド戦記』(2006年)

 

 私もこんなテンションではあるが、そこそこ憂鬱な日々を送りがちである。

 アレンの憂鬱を見てると・・・・・・、伝染するんだよ! 近寄んな!

 

 宮崎パパ、試写会中にタバコ吸いにいったりしないで!

 原作者、評論家、誰かひとりくらいフォローしてあげて! 吾朗さんの心中を想像したら、胸が痛くてたまらんかった・・・。

 でもテレビ放送、三回もしてんだね、12%もとれてれば上々だ、すげーや。

 

 

第1位『火垂るの墓』(1988年)

 

 観たあと、こんな苦しい気持ちにさせないで! 戦争反対!

 しばらくは、キャンディ見ただけで思い返して、暗い気持ちになったわ。戦争反対!

 

 原作の野坂昭如、なんで大島渚を殴ってんの、徹底的な平和主義者ってわけでもないのね。まあ、それでも、戦争反対!

 野坂が出演した回の『ガキの使い』は最高だった! 戦争反対!

 

 

ジブリ作品、ワースト・ランキングまとめ

  ――ということで、ジブリ、ワーストランキング第1位は、かなりのダントツ評価で、『火垂るの墓』であります。

 

 ええ、お察しのとおり、私はジブリ作品、嫌いじゃないです。むしろ好きであります。

 このランキングは、本当はベストランキングとして制作したものを、逆さまにして、ワーストランキングとして発表した。

 つまり、『紅の豚』大好き! ピッグ!

 

 無理やりなワーストランキング化は、好きなものをあえてディスる楽しさにテンションがあがり、前半は浮かぶ言葉も多かった。

 が、カウントダウンが進むにつれて、好き度が下がるため、テンションも下がって言葉少なになっていった・・・。

 

『火垂るの墓』、本当に、二度と見るか!

 でも、もし自分に子どもがいたら、一度は見せるだろうな。ガキのうちに見ておかなきゃいけない作品だとは思う。戦争反対!

 

     * 

 

 友人に、本物のアンチジブリがいる。

 ハウルの主演担当声優がキムタクだと発表されたときの、にやにやした顔が忘れられない。

 でも、残念ながら(?)、悪くはなかったんだよなー。

 

 スタジオジブリ総選挙、私の一票は、『風の谷のナウシカ』に入れた。

「火の七日間」の、巨神兵がずらりと並ぶシーンを大スクリーンで見たら、コワかっこいいだろうなあと。

  地元の映画館じゃやってくれないだろうけど!

 

 

・ジブリネタ、こんなのも書いてます。


・ジブリではないですが、こんな記事も。