石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

エンド・オブ・キングダム、バカにさせて!1P漫画と評価感想

映画×妄言

 本作は、『エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編。

 SPが大統領を守る話で、かなり好きだった。

 敵が中東絡みではなく、東アジアの某国だったのも新鮮だった。

 そんな私が観た『エンド・オブ・キングダム』、予告漫画を描くならこんな感じ。

 

エンド・オブ・キングダムの1P漫画

 

 いうまでもなく、メインストーリーとはまったく関係なし。

 

 

『エンド・オブ・キングダム』実況風感想/バカにさせてよ! 

 全四幕構成でお伝えする。

 本作は全98分と短い。好感度高し。

第一幕:物語の舞台セッティング

 フィリピンでテロ。

 悪名高い武器商人がバックにいた模様。

 わっかりやすい敵の配置、好きだぜ!

 

 米軍が空爆し、武器商人死亡。

 あれっ、終わり?

 

     *

 

 二年後。

 主人公のSPとアメリカ大統領がいっしょにランニング。

 前作につづいて仲良し。

 

 SP、じつは退職を考えている。

 子供が生まれそうなので、落ち着いた生活を望んでいるのだ。

 実行に移そうとしたら事件が! って流れかな?

 ピンチで、「おれは絶対に家に帰る! 帰ってパパになるんだ!」的な展開があると予想。

 いや、警備対象のために命をかけるのがSPだから、大統領に、「おまえは絶対に帰れ、帰ってパパになれ!」って盛り上がる展開か。

 

     *

 

 イギリス首相が他界したとの報が入る。病気。

 じつは病気じゃないはず。

 葬儀という名の大イベントを控え、イギリス政府は警護上、いっぱいいっぱいに。

 

 大統領、葬儀に行ったロンドンで大パニック! って物語だね。

 今作の正式タイトルは『London has fallen』だし。

 

 

第二幕:ロンドン崩壊

 大統領も到着し、首相の葬儀が始まろうとしている。

 世界の要人が集まるということで、ものものしい雰囲気。

 一方の私は、嵐の予感に、わくわく。

 前作はホワイトハウスが陥落したが、今回はどんな被害が?

 

     *

 

 それぞれの国の首脳の動向が描写される。

 やたらのんびりしてる。緊迫展開への前振りだ。

 

 日本の首相もいる。名は、ツトム・ナクシマ。

 ナクシマ? 変な名前。

 漢字で書いたら「亡島」かな、縁起悪いね。あんた、死ぬわよ!

 彼だけでなく、世界のトップがつぎつぎ死亡する予感にわくわく!(不謹慎)

 

 おっ、爆発&銃撃戦始まった!

 イギリスの警備関係者に、大量の敵が潜伏してたのだ!

 マジか、いまどきそんな設定アリか!? 大味な物語と理解。序盤で提示されるなら、それはそれでアリ派です。

 

 なんだか蚊帳の外のナクシマ首相。笑

 と思ったら! 橋が爆破されて水の中に。泳げない私にとって、一番いやな死に方……。

 

     *

 

 見たことのある風景が、つぎつぎに崩壊。

 これほどの規模の同時多発テロのシーンを観るのは初めてかも。映像的に、テンションが上がるねえ。

 

 ほのぼのしてた各国の首脳、前振りどおり、アメリカ以外全員死亡。

 このテロの目的が、アメリカの大統領を殺す、だったら、アメリカさん、大迷惑だぜ。

 

     *

 

 二年前に死んだはずの武器商人、生きてた!

 ああ、死んだのは家族で、目的は復讐、なのか。わかりやすい物語、ありがたい。

 

     *

 

 ロンドンの崩壊が進む。

 ヘリで逃げてるSP&大統領、孤立無援状態か。わかりやすい、ありがたい。

 SPも大統領もけっこうなマッチョで無敵感があるので、そばにいる秘書っぽい女性にかろうじてのリアリティ。彼女をしっかり守ってくださいね。

 飛行シーン好きとしては、あがるシークエンス。前作もそうだった。

 

 搭乗ヘリ、撃墜される。

 でも生きてます~ん♪

 ああああああ! 秘書さんは死んだ……。死亡フラグ、あったといえばあったけど、う~ん、大切な存在だったんだけどな。

 

     *

 

 追跡部隊のバイク軍団登場!

 走って逃げるSP&大統領。ランニングしててよかったね!

 

     *

 

 武器商人、アメリカ政府に、「大統領を渡せば攻撃はやめるけど~?」と宣告。

 副大統領「しねえよ!」

 副大統領を演じるのは、モーガン・フリーマン。アメリカ映画界には、「モーガン・フリーマンを配置しておけば、作品のクオリティが高く見えるでしょ?」っていう幻想がある気がしてならない。

 その効果、近年、急速に薄まってますよ!

 

     *

 

 SP&大統領、都会でサバイバル状態。

 なぜだろう、ゾンビ映画のような雰囲気を感じる……。

 つーかバイク軍団から走って逃げられたのね、恐るべし、ランニング効果。

 

 なんだか、「ヤンチャなSP」と「世間知らずな大統領」ってコンビ性が感じられるようになってきた。

 今作が前作と違って、舞台が野外、かつ国外、って点がいかされていくのかも。

 

    *

 

 一息つく二人。

大統領「私のせいで大変なことに……」

SP「いいえ、あいつらのせいです!」

私「…………」

大統領「もしものときは、私を引き渡すことなく――」

私「はい、ヤります!」

 

     *

 

 首相の病死は他殺だったと判明。ですよね。

 ロンドンに空襲警報、庶民は非難。

 ひとけがまったくなくなったロンドン。う、動きが早い!

 

 

第三幕:状況の整理

 SP&大統領、唯一信じられる、MI-6のねぐらに到着。

 デルタ部隊が来てくれることに。

 

 敵の復讐対象者は、二年前の空爆を承認したG8加盟国らしい。

 アメリカの単独責任じゃなくてよかったね。

 主導したのはアメリカだろうけど! 日本のナクシマ首相は、ただのイエスマンだったと思うよ……。

 

     *

 

 ねぐらに敵が急襲!

 SP、がんばって倒す。←語彙が!

 

 大統領の運転で大使館に向かう二人。

 ナイスな運転でバカ笑いする二人、……につっこんでくるトラック。

 緩急のフリが露骨だよ! まるでコントだ。

 そして大統領が、つかまった……。流れが、雑!

 

 入れ違いで特殊部隊が到着。

部隊長「大統領救出は任せてください」

SP「俺は行く! お前らはついてこい」

部隊「は~い♪」

 うん、主人公だもんね!

 

 

第四幕:救出作戦

 大統領の処刑が全世界に生中継されようとしている。今風の展開。

 

 救出に向かうSPに濃厚な、無敵感。

 なんだか懐かしいノリ。この映画のタイトル、『沈黙のキングダム』だっけ? セガールと違って主人公はめっちゃ多弁だけど。

 

     *

 

 テロリスト、ニコ生(っぽいの)開始!

「今日の生主は、アメリカ大統領だよ♪」

 

     *

 

 処刑寸前、SP現る!

 活躍が生中継されることに。

 べたべただけど、いいんじゃないですか?

 

     *

 

 主人公によって爆破されるビル。静かに目を閉じる敵。

「敵にも事情があります」的な設定にしている結果、ぜんぜんスカッとしない。キャラや演出はスカッとさせる系なのに。わかりやすい敵は作りにくい時代なのかな。

 

     *

 

 SP無事に帰宅、生まれた赤ちゃんと出会う。

 退職は、やっぱりしな~い。

 ハッピーエンド!(アメリカだけ)

 

 

感想まとめ

 身体も脳も、非常にマッチョな作品。アメリカの自己肯定感がすごい。

 一方の私は、頭をからっぽにして楽しもう、な気分でいたいのに、頭をからっぽにさせてもらえなかった。

 

 本記事のタイトル「バカにさせてよ!」は、この映画をバカにさせて、という意味ではなく、「私をもっとバカでいさせてほしかった」という意味。

 ここまで主人公にもアメリカ政府にも「自分が120%正しい!」と胸を張られると、鼻白んでしまう。

 

 だったら「敵にも事情がある」設定は小さくしてほしかった。

 主人公がやたら残酷なやり方で敵を倒すけど、敵がぜんぜん憎たらしくないので、感情移入しづらかった。

 

 サイト「Yahoo!映画」の採点は現在、3.53 点(満点は5.00 票数432)

 賛否分かれる感じに、納得。

 

 

続編への期待

 第三作『エンド・オブ・○○』の可能性は十分にあるだろう。

 やるなら、観る。要望としては、「もっと私をバカでいさせて!」である。

 タイトルは、『エンド・オブ・ザ・ワールド』かな。ベタな感じほど、このシリーズにふさわしい。

 

Amazon エンド・オブ・キングダム

 

 

 こんな記事も読まれています。

スーサイド・スクワッド』イラスト&実況

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』1P漫画&実況

ガールズ&パンツァー劇場版』イラスト&実況

シン・ゴジラ』1P漫画&感想

進撃の巨人』キャラで/漫画が実写化した時のあなたの反応はどれ?

映画のクソタイトル特集