石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

ジャッキー・チェン、〇〇をさわらずには…『ドラゴンブレイド』漫画と評価感想

映画×妄言

 ジャッキー・チェンの映画は、少年時代の私たちにとって、必須科目のごとく、絶対に見ねばならぬものだった。

 テレビ放送を見逃せば、翌日の学校で、友人たちのハイテンションについていけなくなる。 

 

 あれからとっくに大人になった私だが、彼がいまだに現役で、気になる役者であり続けているというのは、驚くべきことだ。

 今回観たのは、『ドラゴン・ブレイド』。

 

ジャッキーチェン『ドラゴンブレイド』4コマ漫画:石岡ショウエイ

 

 シリアス路線は『新ポリスストーリー』あたりからあったが、いつまでたってもコメディの印象が色濃い。

 観客である私自身が、そういったもの「ばかり」を期待しているからかもしれない。

 

 本作『ドラゴン・ブレイド』は、紀元前中国の、国境付近を舞台にした大作である。(とはいえ、あんまり話題にならなかったよね?)

 ローマ軍との合戦や友情が描かれるという。

 現代ではなく、時代物として東西の交わりを描く作品は、活劇としては、まれな存在ではなかろうか。

 けっこうな期待を持って私はのぞんだ。

 

 

夢の東西対決にワクワク!『ドラゴン・ブレイド』実況風評価感想

全四幕構成と解釈。

第一幕:プロローグ

 紀元前のシルクロード、中国地方の国境付近。

 異民族間の、騎馬隊同士の合戦シーンから物語は始まる。

 

 そこに、中国の国境警備隊のジャッキーが割り込んで、止める。

「ちょっとお前ら、ストッピング! 争いはやめれ!」

「なんだこのやろう。まあ、ちょっと待ってやるわ」

 一時的にでも止められるのがすごいわ。

 

 あごひげジャッキーは、目つきも憂鬱で、この作品がコメディではなく、シリアス調であること強調している。

(アイラインとか入ってる?)

 

 争いは止めきれず、なぜかジャッキーが、覆面の女戦士とタイマンに。

 

 ジャッキーが絡むアクションは、リアル格闘とジャッキー格闘が混ざってて、違和感あるかも。

(ジャッキーがアクション監督をしてるらしい)

 

 女戦士の胸をうっかりさわってしまったりと、コミカルは、ないわけではない模様。

女戦士「胸をさわったうえに、あたいの素顔を見たからには、お嫁にもらってもらわねば!」

 おい、シリアスに徹してくれよ……。

 

     *

 

 数日後、ジャッキーを筆頭とした警備隊は、何者かの陰謀により、犯罪者として、流刑地に送られてしまう。

 ジャッキーは、仲間からは信頼される誠実なタイプだが、それゆえに、邪魔者と判断する者もいるようだ。

 

 奴隷的な労働者階級として、西側からの守りの要、「砦」の修復をさせられることに。

 そこにはいろんな部族の奴隷がいて、もめたり、ケンカしたり。

 部族ごとの衣装の個性が、漫画的にしっかり差別化できている。

 こういう誇張は、好み。

 

 だが、もめてケンカの場面になると、やっぱりジャッキーだけ、動きがカンフーで浮いてしまう。

 中国人がみなカンフーできるわけじゃないもんねえ。

(かつての日本人も、「みな空手ができる」と欧米人に思われてたらしいね。アチョー!)

 

     *

 

 お、西洋風の甲冑の軍が、突如として現れ、砦の前まで進軍してきた。

 ローマ帝国様だ。ドン!

 東洋と西洋の合戦シーンはあまり見た記憶がない。かなり期待。

 

砦の偉い人「こんなん初めてや。どうしたらいいん?」

修復作業中のジャッキー「おれに任せろ」

砦の偉い人「おねがいしゃーす!」

 

 マジで? 個人でどうこうするの?

 ジャッキーしか向こうの言葉を話せないから、ってことかしら。

 

 と、思ったらローマ軍の将軍、ルシウスとジャッキーがタイマンすることに。

 またタイマンかよ。なんでだよ、大群で合戦してよ。

 

 カンフー映画ではないので、素手ではなく剣で戦うジャッキー。

 やっぱりなんかぎこちなく見える。リアル調なのか、見世物調なのか……。

 

     *

 

 決着がつかず膠着状態になったその時、砂嵐が。

 さらに!

 

ルシウスの部下「ルシウス将軍、お坊ちゃまの体調が!」

ルシウス「お坊ちゃまが!? それは大変だ!」

 なんでそんなやつ連れてきてるんや!

 

やさしいジャッキー「停戦しよか?」

ルシウス「うん。ついでに食料と水、あとお坊ちゃまに薬がほしい」

 おまえら、攻めに来たんだろ! ぐずぐずやないか!

 
 あっさり和解。

 あれっ、これ、和解をテーマにした物語だよね?

 まだ23分しかたってないけど、東洋と西洋がもう仲いい感じになってるよ、ここで終わってもいいんじゃない?

 

     *

 

 ローマ本国には、ルシウスとは別の、ラスボスみたいなのがいるようだ。

 ルシウスは、ラスボスに邪魔者扱いされたお坊ちゃまを連れて、ローマを脱出してきた模様。

 お坊ちゃまはどうやら、王子さま的な尊い存在のようだ。

 

 なるほど、ルシウス率いるこっちのローマ軍は、あらたな住まいを探しての、流浪の途中だったのだ。

 それならボロボロなのも、戦いを避けられるならそれでよしな精神も、わかる。

 

ジャッキー「おれたちはもう友人だ。力になるよ」

 今作のジャッキーは、徹底的にいい人。

 理想化されすぎた人間に見える。現実味と魅力を感じにくいかもなあ。

 

 

第二幕:ルシウスたちとの友情

 ジャッキーが課せられていた砦の再建に、ルシウスたちの西洋的な建築技術が役にたつ。

 ルシウス軍と、労働者たちが仲良く共同作業。

 異文化交流、すばらしいね~♪

 教育テレビかな?

 

     *

 

 仕事の休みに、カンフー演武を披露するジャッキーたち。

 お返しに、剣術演武を披露するルシウスたち。

 異文化交流、すならしいね~♪

 教育テレビかな?

 

 なんか国家が製作してそうな映画だなあ。

 あ、ガチで中国製作なんだった。

 う~ん、ここまでとは。純粋な目で観ることが難しくなってきたぞ?

 

 

 それぞれの代表がタイマン試合をすることなったものの、これも、一勝一敗で角が立たない感じ。

 そしてユニフォーム交換みたいなことまでやる始末。

 友情! 友情! 友情!

 東洋人が西洋風に胸に手を当てて感謝を伝えると、西洋人は東洋風にお辞儀をして感謝を返す。

 友情! 友情! 友情!

 メッセージが露骨すぎて、寒くない?

 

 酒宴で合唱される歌の詞もこんなだ。

「敵同士を友人に変えるんだ。手に手を取って進もう」

 

 なんて素晴らしい世界。

 世界のリーダーに見てほしいね。

 とくに、中国。

 あれ? これ、どこが作ってるんだっけ……。

 

 しかし、こういった思想は、この作品世界においても、まだ理想にすぎない。36の部族は対立しているし、ルシウス軍も、ローマを脱走した身。

 ジャッキーが望むような平和的な和解になるのかはわからないが、決着をつけるべき関係性は残されている。

 

 

第三幕:ラスボス、襲来!

 ボス率いるローマ軍の本体が、お坊ちゃま確保のために攻めてくる模様。

 なんとラスボスは、お坊ちゃまの兄様らしい。

 お坊ちゃまは、他界した執政官の子で、ローマにおける実権を引き継ぐ予定だった。

 が、兄様が、お坊ちゃまを亡き者にすることで、実権をわが物にしようとしているのだ。

 

 ひどい兄様だ。

 ということは、ジャッキーたちがルシウスたちと共闘し、兄様の軍をやっつけるって展開ですね?

 

     *

 

 と思ったら。

 砦の内部では、中国側の警察っぽい組織に追われているジャッキー。なんでや。

 ジャッキーの妻、殺される。なんでや。

(この奥様、これまた極度に理想化された良妻であった)

 

 ルシウスに目を戻すと、ルシウス一派はすでに敗北し、兄様軍にお坊ちゃまを奪われていた。

兄様「わざとローマを脱出させたんやで? ついでに中国を攻められるからな! これでシルクロード一帯は、わがローマのものだ!」

 兄様……、そちもワルよのう。

 

兄様「あと、弟はもう死んだからね」

 ええっ!? 子供を死なせちゃうの?

 う~ん、う~ん……。じつは生きてた、って展開を期待。

 

 →死んでました。

 お坊ちゃまもまた、徹底的に理想化された、純真無垢なキャラでした。天使のような。

 本当に天使になったのね……。

 

 お坊ちゃまの死を知ってキレるルシウスだが、手錠につながれているので、どうしようもない。

 この役者(ジョン・キューザック)、この作品ではあまりさえない演技。

 ダブル主人公のはずなのに、ぜんぜんカッコよく見えない。

 

     *

 

 ジャッキーはなんとか難を逃れたはずだったが、兄様のローマ軍におびえ、金の力に屈服した部族たちに、裏切られてしまう。

 そして向こうに引き渡されることに。

  戦わずして、すでに敗北していたようだ。

 

 ここでジャッキーのしんみりとした語り。

「砦の再建のため、いっしょに力を合わせてくれてありがとう。まるで、バラバラだった部族が、ひとつになれそうな感じだった。でも……、もう……、ダメなんだな……。最後に頼みがある。部族それぞれの旗を、いっしょに掲げてくれ。俺のために」

 

 部族たち、感動。

「お、おれたちが間違ってぜ! ジャッキーを引き渡すふりをして敵の内部に侵入し、兄様を、ぶっころ!」

 ちょろいなあんたら!

 

 この世界の住人は、思考回路がとってもシンプル。

 でも、紀元前の人類の思考回路は、こんなものかも。現代ほど複雑ではなかったはず(たぶん)

 そういうリアリズムを狙ったわけではないだろうけど。

 

     *

 

 ジャッキーたちが、兄様軍に捕らえられていたルシウス軍を解放し、局地戦が開始される!

 ジャッキーが加わらない戦闘シーンは、なかなかいい。

 兄様(演:エイドリアン・ブロディ)の狂気が、かっこいい。

 

 

 ジャッキー、ルシウスを救出に向かう。

 が、かれの体は、拷問でもう使い物には……。

 救助からの共闘かと思ってたら、ルシウス、ここで死亡。

 

 あらま。

 ともにラスボスと戦ってほしかったけど、思いを託されたジャッキーが代理で戦うのか。

 中国サイドの英雄譚だから、しょうがないか。

 

 

第4幕:おれたちは、生きる!

 最終決戦が始まろうとしている。

 とはいえ、ジャッキー側の兵は、砦にいる労働者たちにすぎない。

 少数が、多数を相手に頑張る展開は好きだよ。

 

 ちょいちょい感じていたことなのだが、演出法が、ハリウッド調、ヨーロッパ調、日本調、どれとも違うので、観ていて「ん?」となること多し。

 これも異文化交流としてとらえれば楽しいのかも。

 

     *


 さあ、敵の本陣と対決する時が来た!

 ジャッキーサイドは少数で劣勢かと思われたが、ここで周辺部族の本体が、つぎつぎに集結し、力をあわせる展開に。

 友情! 団結! そして勝利を!(ジャンプっぽい……)

 

 こんなにたくさんの騎馬兵、ほかの国なら間違いなくCG合成だけど、中国のやることだから、ほんとに集めてるのかもしれない……。

 合戦シーンは、西洋、東洋、そして中東風も混ざりあっていて、「夢の対決感」があっていい。

 時代は違ってしまうけど、侍もまざってたら……、なんて妄想してしまう。

 

     * 


 36部族が集結しても、ジャッキーサイドは劣勢。

 が、そこに大国パルティア(お坊ちゃまと同盟を組んでた)の軍が到着!

 形勢逆転!

 

 が、兄様――

「降伏はしないぞ?」

 

 なぜか、ジャッキーと兄様がタイマンする流れに。

 この映画、大群がいても、いつもジャッキーのタイマンで勝負が決まるね……。

 わかりやすく決着を見せてくれれば、すっきりはするか。

 

     *

 

 チャンバラ開始。

 殺陣の動きが、中国的。

 でも、西洋チャンバラでは見たことのないような高速チャンバラなので、見応えがある。

 

 ジャッキー、ここに至るまでの負傷の影響もあり、敗色が濃厚に。

 そこでみなが、ジャッキーの名をコール、大声援。

 ジャッキー!

 ジャッキー!

 ジャッキー!

 こ、これはまるで……、ロッキー!

 

ジャッキー「エイドリアーーーーーン!」

 

 ウソです。

 兄様を演じてる役者の名も「エイドリアン・ブロディ」なので、ややこしくておもしろいかなと思って書いてしまいました。ごめんなさい。

 兄様も、悪役っぷりを過剰に強調した演技をしているが、これはかなり好みだ。好みだ……!

 

 あ、なんか逆転してた。

 ジャッキー、勝利。

 う、うん。めでたしめでたし。

 

     * 

 

 エンディングでいっそう強調される今作のテーマ、「敵を友となせ」。

 おっさんたちの笑顔が、さわやかすぎてつらい。

 ここまでやるとあまりにウソっぽい。演技させられてる感が濃厚でつらい。

 

 物語との距離感を埋められないまま、お・わ・り……。

 

 

 ――と思ったら!

 ぎゃあああああああ!

 シリアス映画なのに、NGシーン的なものがついてる!

 

 正確には、NGではなく、制作舞台裏、的な映像。

 鑑賞の余韻に浸る間をください。作中で死んだキャラが笑ってる姿は、まだ見たくないです……。

 

 あ、でもこの映像に映るみんなは、確かに人種の壁を越えて仲良くなってるっぽい。笑顔も本物っぽい。

 まさかもっともメッセージが伝わるシーンが、スタッフロールだなんて!

 

 

感想のまとめと次回作への期待

 この映画が「発している」メッセージ→人種、民族の壁を越えて手をつなごうよ!

 この映画から「感じた」メッセージ→辺境国よ、われら(中国)に従え!

 

 純粋に作品だけの世界で物語を受け取ることができなかった。

 どこまで国家権力的なものが関わっているかは知らないが、どうしても、赤い旗の存在を感じで斜に構えてとらえてしまう。

 中国の周辺国や、国内の少数民族たちが、冷ややかな目で観ている姿が目に浮かんでしまった。

 

 とはいえ、東西文化の夢の対決を見せてくれたのは、うれしかった。

 そして、物語の展開からすると、ハリウッド作品なら3時間くらいかけそうなネタなのに、本作は、全100分と、かな~りコンパクト。

 これはすごいと思う。本当に。

 

 子供のころのヒーロー、ジャッキーが、いまだに新しいことに挑戦しているのも、うれしいし、刺激をうける。

 まだまだその背中を追いかけさせていただきます。

 

     * 

 

 本作『ドラゴン・ブレイド』に点数をつけるなら――

 3.6/5.0

 いろんな雑念が入ってしまい、評価はやや低めだが、活劇の面で東西の交わりを描いてくれたことに、感謝したい。

  この作品は基本的に、中国本土の人たちに向けられたものなのだろう。

 道徳の教科書っぽい、などとあれこれ不満を挙げるのも、お門違いな気がした。

 

     * 

 

 まもなく、少年の心をわしずかみにした、ジャッキー『〇〇拳』シリーズのセットが!

ジャッキー・チェン 「拳」シリーズ/アルティメット・ブルーレイ・コレクション

 

◆収録作品

  • 『少林寺木人拳』
  • 『クレージー・モンキー/笑拳』
  • 『拳精』
  • 『蛇鶴八拳』
  • 『カンニング・モンキー/天中拳』
  • 『龍拳』
  • 『成龍拳』
  • 『醒拳』

  蛇鶴八拳の構えはめっちゃマネした記憶が。

 

 

・こんな記事も読まれています。

 映画ネタはまとめてこちらで:カテゴリー「映画×妄言」