石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

猫と、おでんと、僕/猫の漫画ブログ

◆『 ぼくと透明なネコ』3

 

ぼくと透明なネコ.3

 

 ネコの気まぐれに戸惑うほど「猫知らず」ではない。

 ※「猫知らず」=ネコのことをよく知らない人

 

 

猫を飼えない男が猫語り

※「猫語り」=ネコについて語ること

短編『この場所が、いいねとあたなが言ったから、冬のその日はお猫記念日』

 私はネコを飼ったことがない。ゆえに、気がついたときにはすでに猫好きになっていた、などという事情はない。

 落ちたのは、大学二年の冬のことだ。

 バイトで買った中古車、ジムニーで自宅アパートに向かっていた、家庭教師先からの帰り道。

 

 小腹が空いたのを感じ、サークルKに入った。

 冬は、おでん。チビ太のおでんだ。

 専用カップに、大根、糸こんにゃく、ゆで卵、モチきんちゃく、の四点を入れてレジを済ませる。定番のラインナップだ。

 外に出ると息が白かったが、私は駐車場の縁石に腰かけ、ふたを開けた。冬の外で喰らうというのも、趣があろう。

 

 まずは大根。はしでホールケーキのように分割し、三角柱となったものを口に入れる。だしが十分に染み込んでいて、たまらない。

 半分くらいになったところで、駐車場と民家の境目になっている塀に、一匹のネコが姿を現した。もう暗い時間だったが、コンビニの街灯が届く範囲だったので、しっかりと、白ネコと認識できた。

 猫好きではない私は、とくに意識することなく、残りの大根を食べつづけた。

 

 気づいたときには、すぐそばに白ネコが腰をおろしていた。私の手もとにあるカップをのぞき込んでいるようにも見える。

  食べたいのか?

 私は、とくに愛情を抱いているわけでもないのに、大根のひとかけらを白ネコに与えていた。家庭教師先の子どもの成績が上がったと聞き、機嫌がよかった。

 白ネコはアスファルトに置かれた大根のにおいをかぐ。しかし食べはしなかった。そしてまたしても私の手もとをのぞく。

 

 糸こんにゃくか?

 私は糸こんにゃくを口に含み、ばらけた糸の数本を地面に置いた。

 白ネコは再度、鼻を近づける。なめるような仕草を見せたものの、やはり食べはしなかった。

 ここで私は、ネコがトラやライオンの仲間であることを思いだす。

 ああ、動物性タンパク、ゆで卵か。

 はしで半分にすると、黄身がこぼれ落ちないよう注意しながら白ネコの足もとに置いた。

 

 なめはするものの、食べない。猫舌で冷めるのを待っているのかもと考えたが、時間がたっても、口にしようとはしなかった。

 おまえ、おれとおなじ、モチきんちゃく好きか?

 私は、好きなものを最後に食べる派である。最後まで楽しみにとっておいたものを、どこの猫の骨ともわからんやつに分けてやる義理があるだろうか。

 ない。

 

 白ネコの訴えはスルーすることにした。

 それでも、白ネコは私の手もとを見つめつづけている。カップの中にあるモチきんちゃくを、透視している。その視線が痛い。

 しょうがないなあ。

 最後の一口だけ、恵んでやることにした。

 はしでつまんだまま、鼻先にやる。

 白ネコは、無反応。さすがになれなれしすぎるかと、前足の手前あたりに置いた。さあ、食べろ。

  だが、白ネコは反応を示さないのであった。まだ、私がひざの上に置いているカップを見ている。

 もしかしてーー

 

 おまえ、通だな。出汁が飲みたいとは。

 苦笑しながら、私はだいぶ冷めたカップを白ネコの足もとに置いた。そのときだ。

 白ネコはひらりと舞いあがると、私のひざに乗り、丸くなって、寝た。

 私は身動きが取れなくなった。

 

 白ネコが狙っていたのは、おでんではなく、出汁でもなく、私のひざだったのだ。視線の先に見ていたのは、おでんのカップなどではなかったのだ。

 タイミングをずっと見計らっていたのか。私は口もとが緩むのを感じるとともに、ひざの上の暖かいものの重みを、なんだかうれしく思った。

 

 おそるおそるなでてみると、その毛並みは、想像よりもずっと柔らかかった。私は十五分ほど、ソファの役割をつづけた。

 目覚めた白ネコが去っていく後ろ姿を、なごり惜しく眺めた。

 この世に猫好きがひとり、加わった瞬間である。(おわり) 

 

 

きょうの直角猫

直角猫

 

きょうの猫グッズ 印鑑

 ・Amazon

 

 

     *

 

・猫ネタ一覧はカテゴリー:『ぼくと透明なネコ