石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

【猫の映画】おすすめランキング/猫飼えない人はこれ観てモフモフ

 友人の漫画家がいった。

「犬はデフォルメすることで、実物以上にかわいく描ける時があるが、猫はそのままの姿のよさを、絶対に超えられない」

 

 賛否あるだろうが、同感である。

 猫をかわいく描こうとすると、猫らしさが損なわれてしまう。

 なぜか。

 

「かわいく描く=見る人に媚びる」だとすると、私は猫のよさを、「媚びないところ」と考えているので、媚びさせようとすれば、それは猫ではなくなっていくのだ。

 リアルネコ・イズ・ザ・ベスト。

 

f:id:necole_kidman:20161101221221j:plain

 ぎゃっ!

 ちょっといろいろ練習しておりまして……。

 

 

     *

 

 ああ、リアルにゃんこをおさわりしたい。

 さわりすぎて怒られたい。

 

 ……だが、うちに猫は、おらん。

 代替行為として、いままでに観た猫の映画を振り返り、脳内でもふもふするとするか。

 ということで――

 

 

猫の映画をランキング形式でオススメしてみる

◆選出のルール

  • 実写に限る:リアルネコ・イズ・ザ・ベスト。
  • 国内作品に限る:日本の風景に、猫。この組み合わせも魅力のひとつ。
  • あまりに古いものはパス。画質は大事。

  では第10位から、カウントダウン。

 (画像はAmazonへのリンクとなっています)

 

猫の映画、第10位『グーグーだって猫である』 

主演猫優:グーグー(アメショ)

主演女優:小泉今日子

 大島弓子先生の漫画を犬童一心監督が映画化。

(とはいっても、ほとんど別物)

 

 溺愛していた猫が他界し、漫画が描けなくなった人気作家。

 そこに、一匹の猫との出会いが――

 

 とある流れから、先代の猫と話をする場面がある。

 そういった演出に抵抗感が持つ人は、いるだろう。

 私も、猫は猫であってほしいので、ちと違うかなと感じた。 

 テレビドラマ版は宮沢りえが主演。

『グーグーだって猫である』予告編 

 

 

猫の映画、第9位『ねこばん3D』

主演猫優:いろいろ

主演男優:伊武雅刀

 

  定年退職した元鉄道員は、不器用なため、どこにも身の置き所がないような日々を過ごしていた。

 そこに、つぎつぎと見知らぬ猫がやってくるようになり――

 

 3Dです。

 でも、もっとも飛び出してくるのは、猫ではなく……、伊武雅刀!

 テレビドラマ版アリ。 

 ・『ねこばん3D とび出すにゃんこ』予告編

 

 

猫の映画、第8位『キミとボク』

主演猫優:銀王号(アメショ)

主演男優:中村蒼

 

 ネットで話題になったFlashアニメを映像化。

 漫画家を目指す青年は、一匹の猫と出会い、10年をともに過ごした。

 

 猫の視点からのナレーションを、アリとするかナシとするか。

 セリフではなくナレーションだったからか、私はアリだった。

 ・『キミとボク』予告編

 

 

猫の映画、第7位『ネコナデ』

主演猫優:トラ(スコティッシュフォールド)

主演男優:大杉漣

 

 冷静沈着な人事部長は、じつは仕事に大きなストレスを感じていた。

 彼はある夜、一匹の子猫と出会う。そしてウィークリーマンションでこっそり飼うことにした。

 

 この作品の撮影後、トラは本当に、大杉漣の家に引き取られた。

 大杉漣の株、アップ!

 テレビドラマ版アリ。 

 

 

 猫の映画、第6位『先生と迷い猫』

主演猫優:ミィ(三毛)

主演男優:イッセー尾形

 

 頑固者の元校長先生は、相手をしてくれる存在が、一匹のノラだけになっていた。

 だが、ある日を境に、その猫も来なくなり、気になった彼は――

 

 猫映画の法則「孤独なおっさんの元には、猫が現れる」

 うちには来ないのだろうか。

『先生と迷い猫』予告編

 

 

猫の映画、ランク外作品 

 ここでトップ10に入らなかった作品の、いくつかにふれておこう。

 

◆『レンタネコ』

主演猫優:いろいろ

主演女優:市川実日子

 

 猫のレンタル屋さんの話。 

 

 猫好きでも知られる荻上直子監督作だが、正直、猫を貸し出すという発想が、どうしても受け入れられなかった。

 猫、絶対に嫌でしょ……?

 猫自体にも、あまりスポットが当てられてない作りで、物足りなかった。

『レンタネコ』予告編

 

 

◆『猫侍 南の島へ行く』

主演猫優:玉之丞(白)

主演男優:北村一輝

 

 猫萌え属性を持つ侍が、流されて南の島に行き着いた。

 そこには白猫を神と崇める原住民が住んでいて――

 

 猫の映画は、猫がかわいければそれでいいという見方をしているのだが、これは、おふざけが過ぎている印象があり、観ていてつらくなってきた。

 猫が神だという発想は、従う。 

 

 テレビドラマ版アリ。

『猫侍 南の島へ行く』予告編

 

 

◆『ねこにみかん』

主演猫優:茶トラ

主演男優:黒川芽以

 

 彼氏の実家に行った。

 そこは、父親に、内縁の妻が三人いるという、あまりに複雑な家庭だった。

 

 ローカル色の強いヒューマンドラマ。いい映画でした。

 でも、私が求めているのは、ゆる~い癒し。

 猫はいたけど、タイトルの「猫」は、「猫のように独立した人たち」という意味でありました。

 ・『ねこにみかん』予告編 

 

 

◆『猫と電車』

主演猫優:白黒のがいた

主演女優:篠原ともえ

 

 猫映画じゃなかった!

 猫はいたけど、「猫ガール」というふわふわした女の子の話だった。

 猫ガールってそんなタイプのことをいうのか、な……?

『猫と電車』予告編

 

 

◆『陽だまりの彼女』

主演猫優:どう書けばいいのか……

主演男優:松本潤

 

 この記事に載せること自体が決定的なネタバレという、まことに申し訳ない感じ。

 猫好きのための映画では、ない。

 せめてこれ以上は口をふさごう……。

『陽だまりの彼女』予告編

 

   *

 

 さて、ランキングに戻って第5位から。

猫の映画、第5位『猫侍』

主演猫優:玉之丞(白)

主演男優:北村一輝

 

 強面の浪人侍が、犬派と猫派の争いに巻き込まれ、ある猫の暗殺を依頼される。

 不殺を身上とする彼は、猫なら、切れるのか。 

 

 既述の劇場版二作目とはことなり、一作目のこっちは、猫関係なしに、いい出来の映画だった。

  猫を役者と考えたとして、まったくやる気がないように見えたのが、得点アップ。

  テレビドラマ版アリ。

『猫侍』予告編

 

 

猫の映画、第4位『ねこタクシー』

主演猫優:御子神さん(ぶち)コムギ(マンチカン)

主演男優:カンニング竹山

 

 さえない中年男はタクシー運転手。

 ある時、出会った猫に心を奪われ、飼うことになったが、仕事用のタクシーにも乗せることにした。

 客の反応は上々で――

 

 竹山は本当にいい役者だと思う。

 猫に癒されてくれ、と思ってしまう。

 

 こんなタクシー、あったらなあ。

 バスでもいい。

 でもそれだと、「ネコバス」ってタイトルになってしまうかな……。

 テレビドラマ版アリ

『ねこタクシー』予告編

 

 

猫の映画、第3位『私は猫ストーカー』

主演猫優:いろいろ

主演女優:星野真里

 

 猫を見ると、追いかけずにはいられないイラストレーターと、追いかけられる猫たちの、ありふれてはいるが、かけがえのない日常。 

 

 猫好きが撮ったホームビデオのような映像を、アリとするかナシとするか。

 猫好きは、だれもが猫ストーカーですよね? おさわりできないかコンタクトを計りますよね?

『私は猫ストーカー』予告編

 

 

猫の映画、第2位『くろねこルーシー』

主演猫優:ルー(黒)シー(黒)

主演男優:塚地武雅(ドランクドラゴン)

 

 キャラが立ってこその占い師の世界で、キャラ無しの、まったくさえないおっさん。

 彼は、二匹の黒猫と出会い、「くろねこ占い」なんてものを始めてみる。

 

 猫は、占いなどせず、客寄せとして、ただいるだけ。

 だから、いい。

 竹山に負けず劣らず、塚地のさえないおっさんっぷりがいい。

 テレビドラマ版アリ

『くろねこルーシー』予告編

 

 

猫のドラマ、他部門のナンバーワン

 第1位の発表の前に、「洋画」と「オリジナルビデオ」の猫ネタ作品の、第1位を。

 

◆猫の洋画、第1位『こねこ』

主演猫優:チグラーシャ(サバトラ)

主演男優:アンドレイ・クズネツォフ

 

 冬のモスクワで、アパートの窓から子猫が転落した。

 トラックの屋根に着地したものの、そのまま見知らぬ土地へ――

 

 古い映画は対象外としていたが、これは猫映画界における、永遠のスタンダード作品である。

 1996年のロシア映画だが、2016年、ブルーレイ化。

 愛されている!

 

 演技をする猫はよくない、と考えている私だが、この作品だけは、見逃してくんさい。

 達者です。名優たちです。

 これを観てないあなたは、犬派。

『こねこ』予告編

 

 

◆オリジナルビデオ部門、第1位『ぬくぬく』

主演猫優:しま(薄茶)

主演男優:温水洋一 

 

 おっさんが、の~んびり生きています。

 猫と。

 

 理想のゆるドラマ、ゆる人生。

 まさか自分の人生で、温水洋一になりたいと思うことがあるとは。

『ぬくぬく』予告編

 

     *

 

 さあ、ランキングに戻って本編、猫の映画、第1位の発表であります。

猫の映画、第1位『猫なんかよんでもこない』

主演猫優:クロ(黒)チン(ハチワレ)

主演男優:風間俊介

 

 兄が拾ってきた子猫を、一人で育てることになったボクサー。

 犬派の彼が、猫とともに歩んでいくそれぞれの道。

 彼は漫画家を目指すようになり、猫は地域のボスを目指す。

 

 青年とともに、猫もいっしょに成長(肉体だけでなく)していくのが、とてもいい。

 猫がしっかり猫らしかった。

『猫なんかよんでもこない』予告編

 

 

猫の映画、まとめ

猫の映画あるある。

  • 物語も、制作姿勢も、ゆるい。
  • 猫は、演技(芸)などしない。
  • 猫は、孤独なおっさんの元に現れやすい。
  • 猫は、漫画家のもとにも現れやすい。
  • 猫は、いるだけで間がもつ。
  • 猫は、かわいい。
  • 猫を、飼いたい。

 あ、私情が入ってしまった。

 

 

 興味がわく作品はあったでしょうか。

 話題作ながら、以下の作品は、私自身がまだ観ていないので対象外。

 まもなくソフト化されるので、見たらば、ランクのどこかに入れるつもり。

『世界から猫が消えたなら』

主演猫優:キャベツ(サバトラ)

主演男優:佐藤健

 

 しっかり作ってる分、癒されるノリではないのだろうと予想。

 そもそも、猫、あまり重要ではなさそうな気が。

 だが、観る。

 世界から猫が消えたら、どうする?

 うーん、うーん……。

(想像して、あまりの虚無感にしょんぼり)

『世界から猫が消えたなら』予告編

 

     *

 

 朗報。

『猫侍』のスタッフが、あらたな猫作品を制作中。その名も――

『猫忍』(ねこにん)

f:id:necole_kidman:20161102115205j:plain

 2017年1月、連続テレビドラマとしてスタートのこと。

「ニンニン」ではなく、「ニャンニャン」っていうかも(安易な発想)

 

 

必見の猫本『ねこシネマ。』

 猫映画マニアに、たまらないガイドブックが出ているのをご存知だろうか。 

ねこシネマ。

 洋邦の映画を問わず、アニメ、ドキュメンタリーをも含めた85作品が、多めの写真とともに紹介されいてる。

 たまらんことに、「猫の登場分数」なんてものまで記録されている。

 作品のクオリティは、猫の出番が多ければ多いほど上がる、というわけではないが、まあ、あれだ、多いほうが……、うれしいです!

 

 みなさんも、ぜひ素敵な猫映画と出会ってくださいませ。

 

 

 猫の雑誌の特集記事も書いてみました。 

・その他の猫ネタはカテゴリー:『ぼくと透明なネコ』

・その他の映画ネタはカテゴリー:映画×妄言

 

     *

 

◆記事終わりの連載4コマ『ペットボトルくん』

・その96

f:id:necole_kidman:20161102112758j:plain

 ハロウィン、もう終わってた…。

 正式には10月31日限定イベントなんですね。