石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

ダイエットに僕はこの飴ちゃんを選んだ/オススメのキャンディ、ベスト3

◆ごきげんよう、キャンディ・ソムリエ、ショウエイです

 

おすすめキャンディ、贅沢なゼロ、金のミルク、塩の花

 

 今回は、現時点でのマイ・ベスト3をお届けする。

 選出基準は以下の通り。

  • コンビニやドラッグストアなどで容易にゲットできること。
  • 安価であること。
  • カロリーは気にしない。
  • とにかく、うまいこと。

 

 日常的にいただきたいものなので、安価かつ容易に購入できなければダメ。あの名店の、とか、期間限定の、などは対象外。

 飴ちゃんは食べるのに時間がかかるので、ほかのスイーツにくらべて、消費量は思ったほど伸びない。

 よってカロリーを過度に気にする必要はなく、おいしさを最優先にして選ぶべきだと考える。(食べ過ぎれば太るだろうが、それでも、ほかのスイーツにくらべれば増加率は低いはず)

 

 飴ちゃん頼りの時期の私は、食欲をしっかりコントロールできている。体重も増えていない。ラブ・キャンディ。

 ってことで、いってみよう。

 

 

ダイエットにも役立つはず、オススメのキャンディ・ランキング

第3位「贅沢なゼロ」(UHA味覚糖)

オススメのキャンディ第三位「贅沢なゼロ」

 

 写真撮影がへたなことに定評のあるショウエイです……。

 まあご勘弁を。

 

 第3位は、「ノンシュガー 贅沢なゼロ」

 あおりの文句はこう。

~フランス産発酵バターと北海道生クリーム~

 

 すでにうまそうじゃないですか!

 カロリーを気にしないと言っておきながら、ノンシュガー商品を選んだわけだが、ノンシュガーである点を評価したわけではない。

 あくまで、うまさで選んだ。

 つまり、カロリーを気にする人には、さらにカロリーオフ、というオプションがつくわけだ。すばらしい!

 

「贅沢なゼロ」の特徴は、まるでキャラメルをなめているようなこく、である。

 んじゃキャラメルなめろよ、って?

 いやいや、こくがありつつも、さらっとしたキャンディならではの後味も大切なのである。

 

オススメのキャンディ第三位「贅沢なゼロ」

 

 猫体盛り。

 

 

第2位「金のミルク」(カンロ)

オススメのキャンディ第二位「濃い贅沢 金のミルク」

 

 第2位は「濃い贅沢 金のミルク」

 あおりの文句はこう。

~乳脂肪分14.6%の濃厚な味わい~

 

 ミルク味のキャンディは各社から出ているが、商品名にあるとおり、これがもっとも「濃い」。

 キャンディであるからには、間違いなく固形物なのだが、そのクリーミーさに、柔らかいものを口に含んでいるかのような感覚になる。

 

 ながく第1位の座にあった。

 まさかこれが2位に陥落する日が来るとは思わなかったが、されど2位である。シンプルなものを欲しているときは、いまでも「金のミルク」が一番手となる。

 

オススメのキャンディ第二位「濃い贅沢 金のミルク」

 

 ふたたび猫体盛り。

 ぜんぜんうまそうに見えないな……。 

 

 

第1位「塩の花」(UHA味覚糖)

オススメのキャンディ第一位「塩の花」

 

 第1位は「焦がしミルクと塩チョコ 塩の花」

 あおりの文句はこう。

~おいしさ華やぐ塩スイーツ フランス産ロレーヌ岩塩使用~

 

 塩の花、なんて商品名に、なんだかジジババくさい、と思われたかもしれない。

 だが、これはまさしく「スイーツ」である。

 

 口に含めば、まずは焦がしミルクのこくが味覚いっぱいに広がる。

 そしてしばらくすると、中からチョコがとろ~り。

 このチョコには、岩塩が含まれている。甘みに塩みが加わると、甘さがいっそうひきたつというのは、甘味好きなら周知のことであろう。

 

 一粒で2度おいしい、的な商品は、さほど珍しくない。

 だが、この「塩の花」にいたっては、味が第二段階に移るタイミングや、触感の違い、味の違い、すべてが、完璧に思えるのである。

「塩の花」の魅力をひとことでいうなら、「贅沢」である。 

 

オススメのキャンディ第一位「塩の花」

 

 性懲りもなく猫体盛り。

 キャンディは撮影後、ショウエイがおいしくいただいております。

 

     * 

 

 ということで、第一回、キャンディ・ソムリエ、ショウエイが選ぶオススメのキャンディ・ランキングは、「塩の花」が初代王者に決定した。

 

 振り返れば、今回紹介した三つには、共通点があった。

 それは、キャンディとは思えない濃厚さ、である。

 コンビニなどで見かけることがあれば、ぜひ一度トライしてみてはいかがでしょう。

 

 

・第1位

Amazon 塩の花 85G×6袋

 

・第2位

金のミルク 80g×6袋

 

・第3位

 贅沢なゼロ 80G×6袋

 

     *

 

・こんな記事も読まれています