石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

「最高」の映画を5つ選んだので、おすすめなのか検証する

映画×妄言

 今回は「最高」の映画を五本、ご紹介する。

 なにをもって「最高」とするのか、人によって違うだろ、というのはおっしゃるとおり。

 

モーガン・フリーマンの似顔絵

 

 まあ、それでも、さっそく一本目、いってみよう。

 

 

◆最高の映画その1『最高の人生の見つけ方』

 ・Amazon

(2007年 原題『THE BUCKET LIST』)

 余命宣告されたじいさん二人が、このまま逝ってたまるかと、「死ぬまでにやりたいことリスト」に記したことに挑戦していく。リストにはどんなことが書かれているのか、そしてすべてを実行することは可能なのか。

 

 じいさんを演じるのは、金持ちじいさんがジャック・ニコルソン、地道なじいさんがモーガン・フリーマン。こんなジジイ界の重鎮に挟まれれば、監督も脚本家も、中途半端な仕事はできないだろう。

  終始リードする立場の金持ちじいさんと、やれやれな感じの地道じいさん。キャラ立てがしっかりしているので見やすく、ときどき立場が入れ替わるところに、くすりとさせられる。

 

 気楽に楽しく見るのも、自分の人生のエンディングを考えながらしっとり見るのも自由だ。オープニングのシーンの真相がラストでわかるという構成にも、にやりとさせられる。

 この作品における「最高」の意味は、後悔のない、という意味で捉える。

 関係ないが、私はジャック・ニコルソンの顔を思いだすと、レクター博士で知られるアンソニー・ホプキンスの顔を思いだせなくなる。そういうこと、ないですか?

 

     *

 

 おい、これを「最高の」映画に選んだのって、タイトルに「最高」ってついてるからか?

 そう思われたかもしれない。ふっふっふっ、それどころでは、ないのだよ。

 今回のラインナップ五本は、こちら!

 

  1. 『最高の人生の見つけ方』
  2. 『最高の人生』
  3. 『最高の人生の選び方』
  4. 『最高の人生のはじめ方』
  5. 『最高の人生のつくり方』

 

 題して、「最高の人生」五部作!

 もちろん、アメリカでの原題はそれぞれまったく別。類似タイトルで混同するのは狙ってのこと。最初に紹介した『見つけ方』が当たったので、乗っかろうとしているのだ。

 

 実際、レビューサイトをのぞいてみると、「タイトルが似ているから、似たような内容を期待して借りた」とか、「間違って借りた」とか、そもそも別の作品のレビューを気づかないまま書いていたりと、予想通りの混乱ぶりであった。

 

 ということで今回の記事の正式タイトルは、「最高の人生の見分け方

 みなさんに「最高の人生」シリーズを見分けられるようになってもらうのが趣旨である。うん、私のブログにふさわしいふざけ方である。

 (『最高の人生をあなたと』という作品もあるのだが、ヨーロッパ映画なので除外した)

 

 

最高の映画はあるかしら。「最高の人生の見分け方」

 では二番目から五番目まで。

 

◆最高の映画その2『最高の人生』 

 ・Amazon  

(2002年 原題:LEVITY)

 これは『見つけ方』よりも前の作品である。

 が、劇場公開されず、日本でのリリースは後なので、『見つけ方』に乗っかった邦題である可能性は高い。

 最大の根拠は、モーガン・フリーガン出演!

 過去に殺人を犯して服役していた男(ビリー・ボブ・ソーントン)。

 彼は、模範囚ということで釈放されるも、罪の意識から解放されることなく、苦しみつづけている。

 

 テーマは「贖罪」であろう。終始抑えたトーンで描かれる物語。

 これは、なにが「最高」なんだ。「軽率な行為、不謹慎な行為」を意味する原題とはかけ離れている。

 内容と真逆のタイトルをつけるというのは、ネーミングの手法としては存在するので、そういうことなのか。

 原題よりも救いがあるような気がして、観るモチベーションにはつながる。

 いまや類似タイトルが多くて、ややこしいことになってしまったが。

 

 なんらかの後悔の意識から解放されずにいる人にとっては、けっして淡々とした時間ではなく、「最高」に響く部分があるかもしれない作品。

  モーガン・フリーマンの、彼自身も罪人であるが、主人公と違って逃避している、という対照性がよかった。

 

 

◆最高の映画その3『最高の人生の選び方』

Amazon  

(2009年 原題:The Open Road)

 これは『見つけ方』との共通点を見いだすことができなかった。偶然、なのか?

 

 病で手術を必要としている母から、離婚した元夫にもう一度会いたい、と告げられたマイナー契約のプロ野球選手。

 彼は元カノとともに音信不通だった父に会いに出掛ける。

 ロードムービーとして描かれる親子の和解を通して、主人公は人生を見つめ直し、大きな決断をする。

 ありがちではあるのだが、ロードムービーとはそういうものな気もするので、このジャンルが好きなら楽しめる。

 

 原題は「公道」。

 道を切り開く、というニュアンスも込められている気がするので、邦題を『選び方』としたのは、類似タイトル3作目というややこしさを気にしなければ、悪くない。

 しかしこのあたりから、映画好きたちも、「あれ? これ、すでに見たっけ」などと混同しはじめていたはず。

 

 重要な選択をする機会はだれの人生にもあると思うが、のちにそれを振り返って、これが「最高」の選択だった、と思えるチョイスをしたい。

 

 

◆最高の映画その4『最高の人生のはじめ方』

Amazon  

(2012年 原題:The Magic of Belle Isle)

  モーガン・フリーマン主演! 監督も『見つけ方』とおなじロブ・ライナー! 乗っかり邦題であることは、間違いない。

 

 酒におぼれる小説家(モーガン・フリーマン)は避暑地で、三人の娘を連れたシングルマザーと出会う。一家とのかかわりのなかで、彼は失ったものを取り戻していく。

 この二行がすべて。惹かれる人は惹かれるだろう。

 

 小説家という設定のおかげで、ちょいちょいよい言葉がでてくる。

 こういった作品の定番演出、孤独を選んだはずの人間が、ひとりの時間を維持できなっていく感じは、ほほ笑ましいもの。

 じいさん、若い娘に囲まれて幸せそう・・・。

 

 原題は、「ベル島での奇跡」といったところ。ちょっとおおげさな気もするので、オリジナル邦題をつけたのも理解できる。類似タイトル4作目で、かなりややこしいけどな!

 

 よい人生にするために動きはじめる「最高」のタイミングは、つねに、いまですよ。(自分に言った)

 

 

◆最高の映画その5『最高の人生のつくり方』

Amazon  

(2014年 原題:And So It Goes)

 『見つけ方』のロブ・ライナー監督作品!

 が、じいさん役はモーガンフリーマンではなくマイケル・ダグラス。

 孫娘を預かることになったじいさんが、隣人のばあさんに助けを求め、三人のぎこちない生活が始まる。

 

 ダイアン・キートン演じるばあさんがいい女。じいさんも偏屈だがほっとけない感じで、娘もキュート。

 ロブ・ライナー監督は、愛しい存在を愛しく描く。

 物語の抑揚をつけるためだけの悪役なら、そんなものいらない、といっている気がする。

「最高」の人生をひとりでつくるのは難しいが、だれかがそばにいると、驚くほどかんたんになる、のかも。

(独り身の私がいっても説得力がないが)

 

 原題『And So It Goes』は、「そういうもんさ」といった感じか。個人的には、「しっかたねえなあ」と訳したい。じいさんの、やれやれな感じ。

「It」は「人生」と訳しても差し支えないだろうし、前向きな『作り方』という邦題にしたことによって、前進する物語であることがイメージしやすくなった。

 

 ・・・・・・ややこしいけどね。公開の時点で、すでに類似タイトルが4つもあったわけだから、すんげえ、ややこしいけどね。

 いや、覚えられるわけないだろ! ダメだろ! いつかだれかがネタにするぞ? ・・・・・・・・・・・・はっ、まんまと私は、乗せられたのか・・・?

 

     * 

 

 ここで一番手『見つけ方』と、五番手『つくり方』のパッケージを並べてみよう。

 

最高の人生の見分け方

 フォントが9割一致。完全におなじにしていないのは、デザイナーのプライドか、権利の問題か。

 写真の構図もおなじなので、右を5秒見てから左を見ると、じいさん二人がゲイっぽくも見える。

 もしくは、「女なんていらねえよな」と負け惜しみをぼやく、彼女いない歴70年の悲しき幼なじみ。

 

 

「最高の人生の見分け方」まとめ

 ぱっと見で比較できるよう、七・五調でまとめておく。

 リピート・アフター・ミー。

 

最高の人生の見つけ方』・・・二人のジジが、無茶をする。

最高の人生』・・・・・・・・・・・・・あんたもジジも、救われろ。

最高の人生の選び方』・・・・・ダメ選手には、ダメオヤジ。

最高の人生のはじめ方』・・・小娘三人、ジジ落とす。

最高の人生のつくり方』・・・ジジがババアに、ヘルプミー。

 

 ジジばっかだな!

 つまり「最高の人生」という言葉は、人生の終盤にさしかかった年配者の心に響きやすいキーワードとしてセレクトされているということか。

 

 もしモーガン・フリーマンとロブ・ライナー監督がふたたびタッグを組むことがあったら、邦題は間違いなく『最高の人生の○○』となる。

「○○」に入れる言葉はぜひとも、「見分け方」としてもらいたいものだ。

 

 余談だが、モーガン・フリーマン主演作には、『素敵な人生のはじめ方』という作品もある。もはやネタとしか思えないややこしさである。

 

     * 

 

・映画関連、こんな記事も読まれています。