石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

『シビルウォー』はガチだった!1P漫画&評価感想/スパイダーマンにヒャッホウ!

◆事前認識

『アベンジャーズ』のメンバーが、「キャプテン・アメリカ」チームと「アイアンマン」チームに分かれて戦うらしい。

 事実上、『アベンジャーズ3』だ。

 

 とはいえ個人的には、『アベンジャーズ』過去2作より、『キャプテンアメリカ』過去2作のほうが好みなので、『キャプテンアメリカ』の3作目、と位置づけられていることに、期待感。

 

 が、この作品群は、内輪ネタ、内輪もめ、内輪責任、が多くて、「おまえらがいなければ世界はもっと平和に……」なんて思いも、なきにしもあらず。

『ソー』のモデル、北欧の荒ぶる神々のように、その存在はけっして完全な善ではない、と解釈したほうがいいのかなあ。

 

 

◆こんな話でしょ? 的な予想(観る前に描いてます)

シビルウォー/キャプテンアメリカ、予想漫画

 

 お祭りムービーだと認識してるので、こういうのでいいのだ。

 さあ観てみよう。

 

 

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』ネタバレ感想、実況風

 ストーリーはざっくり書くので、作中にはいるのに、ここにはいなかったりするが、ご了承を。

 いうまでもなく、ぼんやり人間なので事実誤認はあって当然の体でご覧ください。

 全四章構成と解釈。

 

第一幕:対立構図ができるまで

 オープニングは、前作の敵、ウィンターソルジャーが生きてた、ってシーン。

 こいつ好きだったからうれしい。

 かつてはキャプテンの友だったけど、いまのところ悪のままっぽい。

 どのタイミングで、どうお仲間になるのかしら。なるんだよね?

 
     *

 

 キャプテンアメリカ&仲間達が、任務でテロリストと戦ってる場面へ。

 アメコミ映画を観てるといつも気になるのが、キャラごとの、能力のアンバランス、不公平感。

 がんばれ、ブラックウィドウ!(貧弱イメージ)

 

 おお、肉弾戦に重量感があってよい。

 あ、一般人に甚大な被害が……。

 でも、これまでも世間に大迷惑をかけてきたアベンジャーズだしな、スルーすべきか?

 

     *

 

 ところ変わって、社長(アイアンマンことトニー・スターク)登場。なんか講演してる。

 彼は、「あんたがいなければこの世はもっと平和だったかも感」の代表格。はた迷惑なヒーロー、ってイメージ。

 あ、ちゃんとその辺を責められてる。うん、そうじゃないとね。

 

     *

 

 アベンジャーズ一同が会議してる場面へ。

「国連の支配下に入れ」と提案されてる模様。

 アベンジャーズは「独りよがりの自警団」だと世界から不安視されてるらしい。

 今作は「はた迷惑なヒーロー」っていう、ある意味で「ネタ感」のある問題に向き合うようだ。

 

 入ればいいじゃん、と私は思うのだが、悩む一同。

 アメリカ人は自由が好きだもんね。

 

 ここでさっそくアベンジャーズ一派が割れる!

「支配下に入るべき派」に、まさかの社長!(まあ、一番迷惑かけてきたキャラだもんな)

「支配下に入らない派」に、キャプテン!(権力に利用されてきた人生だもんね)

 

 でもこの程度では、対立軸があまりくっきりしない印象。

 ライバル作品ともいえる『スーパーマンvsバットマン』もそんな感じだったなあ。

 

赤(社長)チーム:現実主義、妥協的

青(キャプテン)チーム:理想主義、潔癖的

 こんなイメージで。

 

 

第二幕:対立の明確化

 テロ発生。

 ウィンターソルジャー(以下、ウィンで)が主犯。

 ええっ……、ここまで被害が出たら、仲間になれないよ……。

 

 俺はやってないと主張するウィン。

 無実、もしくは前作につづいての、洗脳状態のせいかな? 洗脳が理由なら、洗脳が解ければ許される、……のかなあ。

 彼をかばうキャプテンサイドと、捕らえようとする体制側の社長サイドの争い、という構図が加わるのかな、それはわかりやすい。

 

 新キャラでてきた。キャットウーマンっぽい男。

 猫女男。(正式にはブラックパンサーっいうらしい)

 

 逃げるウィン、守るキャプテン、追っかける猫女男。

 カーチェイスシーン、アクションの構図が、迫力あるカメラワークでありつつ、位置関係がわかりやすくて、とても好み。

 あ、キャプテンとウィン、体制側に捕まった。

 

     *

 

 社長の説得で、国連支配下に入ることに理解を示すキャプテン。

 が、速攻で社長と口げんかして、決裂。

 おい!

 

(ちょいちょい、悪者が悪事の計画を進めてるっぽいシーンが入る。赤チームと青チームが、対立からの共闘、って流れにするための、物語上の準備かな?)

 

 ウィン、洗脳効果復活、敵となって逃走。

 ……こりゃあ、テロも彼の仕業だったのかなあ。

 ウィンを止めようと片手だけアイアンマン化する社長。

 いいね、無敵な感じじゃないのが。

 

 ヘリで逃げようとするウィンを、力尽くで抑えるキャプテン。

 筋肉すごい! 見せ場!

 

 ウィン、逃亡失敗? あ、捕まえたのがキャプテンで、キャプテンは体制側に入るつもりはないから、ともに逃亡する模様。

 

 今作は、洗脳が残るウィンターソルジャーとキャプテンアメリカの、70年ぶりくらい(?)の友情復活の物語かな?

『アベンジャーズ3』ではなく、『キャプテン・アメリカ3』である理由を理解。

 

     *

 

 ウィンターソルジャー的なやつ(悪の強化戦士)はほかにもいるという情報が。こいつらの復活(?)を急いで止めねば、的な流れ。

 

 

第三幕:精神的な対立が、物理的な対立へと発展

 キャプテン→急がねば! 自由に動ける青チームのみで行こう!

 社長→青チームを抑えろ、って命令されたから、赤チームで出動だ!

 全150分のうち、時間は半分を経過。下準備は十分、ここからが物語の本番かな。

 

     *

 

 青、赤、それぞれ仲間をリクルート&集結させる。

 

 うおっ、シリーズ初参戦のスパイダーマン登場!

 な、なんかオタキャラ風だ。

 赤チームに勧誘する社長、彼の衣装を「レオタード」って言ってる。ごもっとも!(笑)

 やっぱヒーローの格好は、ちゃんとつっこんでほしよね、「それ、かっこいいと思ってる?」って。

 スパイダーマン→赤チーム加入。

 

 わわっ、アントマンも参戦するんだ?

 アントマン→青チーム加入。

 なんかわくわくしてきた。「祭りの前」感。

 

     *

 

 青チームと赤チーム、接触!

 行きたい青vs止めたい赤。6対6くらいかな。

 

 全面対決、大バトルシーンが開幕!

 

 うわぁあああ、それぞれの能力が生きてて、アクションシーンが面白い!

 クロスオーバー作品は、じつはやや反対派だけど、これはとてもいい! 楽しい!

 オタっぽいスパイダーマンと脳天気なアントマンのせいで、いい意味で緊張感がない。(笑)

 

 アントマン、まさかの必殺技! この作品で使うのがもったいないネタだよ!『アントマン2』とかで使うべきじゃないの?

 

 これだけたくさんのキャラが乱戦してるのに、間とか位置関係に疑問を感じない。すばらしい!

 DCとは違うなあ。

(DC派の方、ごめんなさい。でも直前に観た『スーサイド・スクワッド』が……)

 

 ふう、マジ楽しいバトルでした。

 今回の見所、「アベンジャーズの対立」について、見る前は、「話し合いで解決しろよ」って冷ややかな気持ちでいたんだけど、これだけコミカルにやってくれたら、うん、殴りあいでかたをつけろ、って感じで受け入れられる。

 キャプテンとウィン、なんとか脱出、目的地へ向かう。

 

     *

 

 ああ……、もう満足だわ。
 あとは、青チームが、強化戦士の復活を止められそうで止められなくて、赤チームと共闘で倒す、って展開でハッピーエンドでしょ!

 

 あれっ? 赤チームのひとりが、致命傷を負ってた。対立構図に、思想だけでなく、感情的な軋轢も生まれてしまう感じ。

 大丈夫か、ハッピーエンドの邪魔にならないか? 社長の技術でサイボーグ化、大復活、って流れかな。 

 

 

第四幕:物語の結末

 社長、情報によりウィンの無実を知る。

 青チームと赤チームの対立理由が減った。

 うん、洗脳状態という言い訳があるとはいえ、やってなくてよかった。

 

 極寒の地で眠ってるらしい5人の強化戦士。彼らを目覚めさせようとしてるのが、今作の敵らしい。

 目的の施設に到着したキャプテンとウィン。

 社長も到着。

 えっ、早くない? キャプテンのピンチで登場、でいいのでは? 隠れて待ってればいいのに。

 →三人で止めに行くことに決定。

 

 おや? 5人の強化戦士、死んでる……。

 戸惑う3人。+1人(私)

 

 敵が事情をほのめかす。

 彼らをここにおびきよせることが目的だったのだ、的な。

 

 おびきよせた理由は、アベンジャーズへの復讐。

 といっても、彼は根っからの悪党ではなく、アベンジャーズの過剰な活躍によって、過去に被害を被り、家族を失った人間らしい。

 ああ、やっぱり今作は、「あんたらがいなければ、世界はもっと平和だった問題」に向き合うストーリーだった。

 

     *

 

 でも敵さん、ひとりでどうやって戦うつもりなんだろ。

 そもそも、こんな切ない設定の敵、倒してもハッピーじゃないぞ。

 

 敵の目的は、「仲間割れ」をさせることだと判明。

 なるほど。んじゃ青と赤に分裂したここまでの展開で、目的は達成された、ってことなんかな。

 でも、もう仲直りしちゃったよ?(笑)

 

 敵さん、ウィンが過去に犯した罪の映像を見せる。薬品らしきものを強奪するため、年配の夫婦を惨殺するウィン。

 激怒する社長→殴りあいに発展。

 いやいや、そこは話し合いで解決しようよ。過去の、しかも洗脳されてるときの罪だもん。

 

 えっ、社長が、「母の仇!」とか言ってる……。

 ああっ、惨殺された夫婦、社長の両親か!(このタイミングで理解する私はアホ?)

 洗脳時代のウィンが殺してた、って設定だったか。記憶にないな、ウィンじゃなくて私の記憶がやばいかも。

 そりゃ怒るわ。この物語は、感情的な面で決定的な対立構図があったんだ。

 

 ……これ、共闘でラスボス倒してエンディング、って展開じゃないようだ。

 どうやってしめるんだろ、ウィンの罪を知ってたキャプテンと、いま知った社長の対立が、むしろ深まっちゃったけど。

 

 社長、二対一では分が悪すぎる、ノックアウト。

 社長を置いて去っていくキャプテンとウィン。

 

 決別、という結果に。

 敵の計画通りだ。喜んでるわけじゃなさそうだけど。

 

     *

 

 あれ? おいおい、このままエンディングっぽいけど、どうまとめるんだ?

 も、もしや……、ハッピーエンドじゃ、ないのか?

 重たい話と見せかけて軽い話、と見せかけて、それなりに重いのかこれ。

 

 決別したまま、お……、終わったぁああああ!

 

     * 

 

 今回の話をまとめるなら、こうだ。

 思想や主義だけでなく、感情面でも立ち位置は分かれた。

 両方正義だけど、スタンスはことなる。だったら、今後はそれぞれにがんばっていこう。

 

 

感想まとめ

 いったん分裂することによって、あらためて結束が強まる、って安易な話かと思ってたけど、ぜんぜん違った。

 対立、分裂をたっぷり時間をかけて伝える話だった。

 

 大きな物語の、途中経過にすぎない話。

 単体の作品としては成立してないわけだけど、とても現実的な着地。

 なれあいじゃない、本当にヒーロー同士が戦う物語だった。

 

 個人的には、かなりよかった!

 映像的な見せ場が、第四幕ではなく第三幕だったこととか、気になる部分はあったけど、話の流れが予想(超安易)と違ってたので、そこそこ長尺なのに、飽きずに観ていられた。

 予想の1P漫画が恥ずかしい、消したい……。

 ファンムービー的な馴れ合いストーリーだと舐めてかかっててスンマセン!

 

 

 それにしても、アクションシーンがすっごくよかった。

 迫力と見やすさの両立は、カメラワークと編集に相当こだわってる結果だと察する。

 

 詳細はぜんぜん書かなかったけど、憎しみの連鎖を断ち切ったブラックパンサーが、もっとも大人なキャラだった。
 猫女男、なんて呼んでスンマセン!

 

 

続編への期待

 大きな物語の一部だから、続編を見ないわけにはいかないでしょう。

 アクションがよかったから、監督のアンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ兄弟には続投してほしい。

 

 と思って調べたら、シリーズの本流ともいえる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の監督をやるってさ!
 うれしい! 楽しみ! これも事前知識ナシでトライするぞ!

 恥ずかしい予想漫画も描くかもね。

 

 本作はサイト「Yahoo!映画」では現在、4.20 点(5.00満点、票数3682)

 満足度は高め。イエス、納得!

 

 

 映画についてこんな記事も読まれています。 

・『シンゴジラ』1P漫画感想

・洋画のタイトル問題

 

・Amazon シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ [Blu-ray]