石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

【ニンテンドースイッチ】のアソコに挟んでみたいものBEST3

「NintendoSwitch」ニンテンドースイッチの分離可能なコントローラーは、じつに魅力的である。モニター部分と分離させた時に、右部分と左部分の間にはさむアタッチメントについて、こんなものがあったら便利だ、というものを考えてみた。

『君の名は。』聖地にこんな秘密!ぶり街道ノーベル街道アニメ街道/国道41号線

『君の名は。』の聖地飛騨をはじめとした国道41号線は、アニメ街道でノーベル街道で、ぶり街道。アニメの舞台としては他に『氷菓』『クロムクロ』。ノーベル賞との縁は五人(利根川進、白川英樹、田中耕一、小柴昌俊、梶田隆章)にも。かつてはぶりを運んだ…

中居正広×木村拓哉/並んで仲良し!SMAP妄想似顔絵道

ぼんやりとした記憶のみを頼りに似顔絵イラストを描く企画。お題はSMAPの2TOP、中居正広と木村拓哉。いろいろと妄想しながらの執筆だが、はたして似せられるのか。過去にはディーン・フジオカ、リリー・フランキー、吉田鋼太郎、奥田民生らに挑戦。

ペンネームの決め方に姓名判断は有効?売れてる漫画家で検証

ペンネームの決め方に、姓名判断は意味を持つのか。売れっ子漫画家の名前で検証してみる。対象は、手塚治虫、鳥山明、尾田栄一郎、荒木飛呂彦、冨樫義博、の五先生。ドラゴンボール、ワンピース、ジョジョ、ハンターハンターのヒットに、ペンネームは関係し…

ゴジラ音痴『シンゴジラ』評価感想を1P漫画で語る/ネタバレ少なめ

庵野秀明監督作品『シンゴジラ』感想、ネタバレ少なめ。アメリカ版ゴジラ、ローランド・エメリッヒ版がアリで、ギャレス・エドワーズ版がナシという私が観た『シン・ゴジラ』の偏った感想。

1P漫画【吉田沙保里】の偉大さを勝者ヘレン・マルーリス側から

吉田沙保里の存在が、レスリングを始めたきっかけなのか、継続のきっかけなのかは、ちょっとわからなかった。 ので、石岡ショウエイ演出が多分に含まれているものとして解釈していただければ。

ジブリ作品のここが嫌い! アンチ宮崎駿は非国民?アニメ映画ワースト・ランキング

新作の公開を控えたスタジオジブリ。宮崎駿監督作品を筆頭に、全21作品あるアニメ映画を嫌いな順でランキング。紅の豚、トトロ、ナウシカ、ラピュタ、魔女宅、耳をすませば、ハウル、ポニョ、千と千尋、もののけ、アリエッティ、マーニー、コクリコ坂、さあ…

おすすめ。エロ漫画、卒業生に/下半身でなく脳で感じる性的倒錯系作品7選

「エロ漫画」カテゴリーではないにもかかわらず、「エロス」をテーマにしているおすすめ漫画作品をピックアップ。直接的でないものに感じる性的魅力は、やがて「フェチズム」につながり、行きすぎれば「性的倒錯」「変態」とも。取り扱うのは、月光の囁き、…

だましたな!洋画のひどい邦題/映画タイトルレビュー40作品

映画『アルマゲドン』に続編があったの? 『ターミネーター』や『エイリアン』にもこんな続編が? いやいや、これらは日本でだけシリーズ物のように装った「乗っかり邦題」。洋画のまぎらわしい日本版タイトルを徹底的に集めたのでご紹介。

ジョジョ、ドラゴンボール、島耕作/忘れられた漫画の設定裏話

弘兼憲史先生の「島耕作」シリーズに見つかった矛盾、忘れられた設定。そんなもの、よくあること。あの名作『ドラゴンボール』『ジョジョの奇妙な冒険』にもあったのだから。漫画家、石岡ショウエイが自著『ベルモンド』における矛盾とともに振り返る。