石岡ショウエイBlog『猫まみれ涙娘。』

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

石岡ショウエイ漫画Blog:猫まみれ涙娘。

作家の端くれが、漫画やイラストで、エンタメ寄りの記事を書いております。

Happy New YEAH!

11月からいろいろありまして、ブログが滞るようになってしまいました。 本年も、お猫さまと、その下僕たる人類にとって、よき年となりますように。

【猫】の特集記事を書けば読むとでも?/くっ、痛いところを…【猫の雑誌10選】

猫ブームとあって、多くの編集部が猫の特集雑誌を刊行、その中から10冊をピックアップして紹介する。猫の専門誌/猫びより、猫ぐらし、ねこ、猫生活、ねこ自身、テレビニャン、anan、Hanako、ネコDK、ゲットにゃび、ヨガ猫。

【猫の映画】おすすめランキング/猫飼えない人はこれ観てモフモフ

ねこ映画のオススメ、ベストテン。プラス8本で、計18本を紹介。よい猫映画の条件も考えてみる。『猫なんかよんでもこない』『くろねこルーシー』『ぬくぬく』『世界から猫が消えたなら』『レンタネコ』『猫侍』『ねこにみかん』『私は猫ストーカー』『グー…

字幕派、吹替派どっち?/『スタンド・バイ・ミー』体験漫画

映画『スタンドバイミー』的な私の体験を漫画で振り返るとともに、『スタンドバイミー』の魅力、および洋画の字幕、吹替についても考える。『ダイハード』の吹替は野沢那智がたまらない演技をしていた。

女が少年漫画を読むな!(怒)って人は編集部にもいる。

ジャンプをはじめとする「少年漫画」という言葉について考える。少年漫画とはなにか。作品ごとに判断するのは、なかなか難しい。が、そうでないなら、ごくシンプルに答えられる。

ジャッキー・チェン、〇〇をさわらずには…『ドラゴンブレイド』漫画と評価感想

ジャッキー・チェンの映画『ドラゴン・ブレイド』の1P漫画、ネタバレ評価感想。 少年時代にぐっと心をつかまれたジャッキー映画は、いまどんな感じなのか。本作は中国が製作に加わっているせいか、これまでの作品とは毛色が違う。それをアリと見るかナシと…

【ニンテンドースイッチ】のアソコに挟んでみたいものBEST3

「NintendoSwitch」ニンテンドースイッチの分離可能なコントローラーは、じつに魅力的である。モニター部分と分離させた時に、右部分と左部分の間にはさむアタッチメントについて、こんなものがあったら便利だ、というものを考えてみた。

スタートレックBEYONDはPSP争奪戦→マクロス!1P漫画評価感想

続編も13作目、スタートレックビヨンド、1P漫画&実況風にネタバレ評価感想。スターウォーズ派もまあ見てくださいな。まさかPSPがあんなに重要な役割を背負わされているとは…。続編14作目も決定しているので一安心。

指原莉乃と小嶋陽菜の違いは迷惑メールで学んだ/どちらを選ぶ?

AKB48の指原莉乃、小嶋陽菜を装った迷惑メールが来るようになった。引っかかりはしないが、文面は本人のキャラクターを意識して作られているようだ。二人のキャラを、ここから逆に考察してみることにする。

伊勢神宮の帰り、夜道でエイリアンvsプレデターに遭遇/二見浦

伊勢神宮を参拝したあとは、二見浦で夫婦岩を。隣には蛙岩(烏帽子岩)があり、境内はカエルの置物だらけ。 近所にはエイリアンとプレデターの現代アートが、新時代の仁王像のごとく立っていた。

【伊勢講】あなたの代理で伊勢神宮にお参りしてきたよ

いわゆるお伊勢参り。行くなら正しい方法で。外宮、内宮の順でまわり、参道は、外宮は左側を、内宮は右側を歩く。二拝二拍手一拝の、礼の角度は90度。願い事ではなく感謝の気持ちを伝えましょう。

世界遺産、五箇山&白川郷はテーマパークのアトラクションだった

富山の五箇山、岐阜の白川郷、それぞれの合掌造りの集落が、世界遺産。 集落名は北から、「相倉(あいのくら)」「菅沼(すがぬま)」「荻町(おぎまち)」。その地に暮らす人々も含めて、世界遺産なのだといいたい。

『君の名は。』聖地にこんな秘密!ぶり街道ノーベル街道アニメ街道/国道41号線

『君の名は。』の聖地飛騨をはじめとした国道41号線は、アニメ街道でノーベル街道で、ぶり街道。アニメの舞台としては他に『氷菓』『クロムクロ』。ノーベル賞との縁は五人(利根川進、白川英樹、田中耕一、小柴昌俊、梶田隆章)にも。かつてはぶりを運んだ…

君の名は。は恋愛映画ではない。男同士もアリ!1P漫画評価感想

『君の名は。』結末を含むネタバレ感想。1ページ漫画とともに実況風に評価させていただきます。新海誠監督は、最新作をつねに追いかけてしまう存在。次回作がすでに待ち遠しい。

ジェイソンボーン/初見OK!シリーズまとめ漫画&ネタバレ評価感想

続編も5作目。評価は3.8。ネタバレありの実況風感想&ボーンシリーズ、シリーズまとめ漫画。ボーン・アイデンティティー→ボーン・スプレマシー→ボーン・アルティメイタム→ボーン・レガシー→ジェイソン・ボーン→続編6作目もある予感。期待。

ダイエットに僕はこの飴ちゃんを選んだ/オススメのキャンディ、ベスト3

オススメのキャンディをランキング形式でお届けする。ダイエットにも少なからず役に立つはず。「贅沢なゼロ」「金のミルク」「塩の花」キャンディ・ソムリエは日々、新商品の棚を航海する…。

X-MEN アポカリプスは映画史上、最悪の悲劇!1P漫画と評価感想

エックスメン、続編も9作目! 今回のテーマは「プロフェッサーはなぜハゲたのか」。ネタバレ感想を、今回は暴走気味な実況でお届け。 控えている続編『ウルヴァリン3』『デッドプール 2』『ガンビット』『X-Force』『ザ・ニュー・ミュータンツ』も楽しみ!

漫画の実写化作品(映画)が失敗作だったときの罪を考える漫画

最近は少女漫画にとくに多い、人気漫画の実写化(映画化)を考える漫画。原作となっている漫画を読んでいた場合と、読んでいない場合とでは、失敗作を観た時の反応は異なる。どちらにしろ、観客は「損」をする。

中居正広×木村拓哉/並んで仲良し!SMAP妄想似顔絵道

ぼんやりとした記憶のみを頼りに似顔絵イラストを描く企画。お題はSMAPの2TOP、中居正広と木村拓哉。いろいろと妄想しながらの執筆だが、はたして似せられるのか。過去にはディーン・フジオカ、リリー・フランキー、吉田鋼太郎、奥田民生らに挑戦。

エンド・オブ・キングダム、バカにさせて!1P漫画と評価感想

『エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編にあたる本作を、1P漫画と実況風の感想でお伝え。さらなる続編につながるのか。監督は、ババク・ナジャフィ。出演は、ジェラルド・バトラー、アーロン・エッカート、モーガン・フリーマン。

スーサイドスクワッド続編はハーレイクインで!イラストで評価感想

ツッコミどころ多し!『スーサイド・スクワッド』のネタバレ感想を、実況風にお届け。個人的には、ハーレイ・クインが主人公であると認識。続編は、彼女をさらにプッシュしてほしい。もちろんジョーカーとの絡みで。

『シビルウォー』はガチだった!1P漫画&評価感想/スパイダーマンにヒャッホウ!

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』を超なめてた! 観る前の予想漫画と、観ながらの実況風感想。初参戦のスパイダーマンとアントマンがいい味をだしていた。続編の位置づけである『アベンジャーズ/インフィニティウォー』が楽しみになった。

好きな漫画が実写化した時、彼は超大型巨人と化した/あなたの反応は?リヴァイなど、進撃の巨人キャラで

好きな漫画の「実写化決定」「映画化決定」という報せに、あなたはどう反応してる?最近だと『進撃の巨人』『テラフォーマーズ』あたりでの議論が記憶に新しい。タイプを、4つのパターンに分けてみた。今後も『鋼の錬金術師』『無限の住人』などが控えてい…

主役はカチューシャ/ガールズ&パンツァー初心者の評価感想

萌え音痴の私が、『ガールズ&パンツァー 劇場版』について、いまさら、実況風に語ってみる。知っている情報はごくわずか。敷居の高そうな作品だが、テレビ版も観ていない私が、ついていけるのか。T28とかC-52とか言われても!

ペンネームの決め方に姓名判断は有効?売れてる漫画家で検証

ペンネームの決め方に、姓名判断は意味を持つのか。売れっ子漫画家の名前で検証してみる。対象は、手塚治虫、鳥山明、尾田栄一郎、荒木飛呂彦、冨樫義博、の五先生。ドラゴンボール、ワンピース、ジョジョ、ハンターハンターのヒットに、ペンネームは関係し…

こんなジブリはお嫌い?/宮崎駿監督が復帰したとしての最新作は…

スタジオジブリの次回作を企画。『風立ちぬ』みたいなのとか、『ナウシカ』『ラピュタ』みたいなのとか。宮崎監督には復帰の噂もあったりなかったりするようだが、細田守監督や新海誠監督が存在感を強めるなか、どんな心境でいるのだろうというのは、気には…

恐怖体験漫画/スリープしたPCが勝手に解除される!

スリープさせたパソコンが、知らない間に勝手に起動している、というのは、珍しいことではない。けれどもその頻度が多すぎるなら、解決の方法を探さねばならないだろう。1分以内に立ちあがってしまうタイプの解決法について解説。

【映画音楽クイズ】チャララ~みたいな擬音で書くから作品名を/シンゴジラのテーマ曲アリ

ゴジラなど、誰もが知るあの映画のテーマ曲を、譜面ではなく、擬音で書いてみた。これは、他の人が見てもわかるものなのか? あんな曲やこんな曲を、鼻歌みたいな感じで、チャララ~、チャラララ~、と筆記した全10問。あなたは何問解けるか。

【無料占い】星座占いより当たる最新占いで恋愛や相性チェック!

守護霊や守護天使といった人を守る存在に、「守護雑誌」というものがあるのをご存じですか? まったく新しい概念を、あのレディ・カヤコさんにご案内いただきます。「守護雑誌」との出会いは必ず、あなたの人生を幸福へと導きます。

コミュ障、尾頭ヒロミさん/シンゴジラ、イマイチ派に補完漫画

『シンゴジラ』の感想のうち否定派の意見に、人物の描写が弱い、というものがあったことから、勝手に補完漫画を描いてしまおうという『シンゴジラ補完計画』。ばっさりカットされたかもしれないエピソード集、第3弾、尾頭ヒロミ(市川美和子)編。

シンゴジラ否定派の感想を見て、カヨコ・パタースン(石原さとみ)補完漫画を描いた

『シンゴジラ補完計画』(勝手に)発動! 作中では描かれなかったそれぞれのキャラの、それぞれのエピソード。人物描写が薄いという方のために。矢口蘭堂に続いては、石原さとみ演ずるカヨコ・アン・パタースン。次回は尾頭ヒロミ。

シンゴジラ感想にドラマが薄いとあったので補完漫画/矢口蘭堂(長谷川博巳)編

シンゴジラ補完計画発動。ほとんど描かれなかったキャラクターのバックグラウンドを勝手に妄想、漫画化。まずは『矢口蘭堂(長谷川博巳)編』。 『カヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)編』と『 尾頭ヒロミ(市川実日子)編』もスタンバイ。

猫屋敷の夜はパラダイス/猫の漫画ブログ

ねこを飼えない漫画家石岡ショウエイの、ネコへの片思いをつづるシリーズ、5回目。ノラネコを見つけたときのテンションは、計りしれないものがある・・・。

ゴジラ音痴『シンゴジラ』評価感想を1P漫画で語る/ネタバレ少なめ

庵野秀明監督作品『シンゴジラ』感想、ネタバレ少なめ。アメリカ版ゴジラ、ローランド・エメリッヒ版がアリで、ギャレス・エドワーズ版がナシという私が観た『シン・ゴジラ』の偏った感想。

漫画・完結・おすすめ・非ジャンプ!69作品を漫画家がランキング

完結作品のみの漫画ランキングを作家らしく「五七五」でお届け。大人の男向け雑誌(青年誌など)の作品限定。少年誌や女性誌に連載されていたものは含めない。一作家につき、一作品。

1P漫画【山県×飯塚×桐生×ケンブリッジ】400mリレーの偉業

桐生祥秀、山県亮太、ケンブリッジ飛鳥の三人は、100メートル走においては、日本人初の9秒台を狙う、まれに見るハイレベルなライバル関係にある。 そんな三人が、チームとなって走る。ライバルが、仲間になる。私は、少年漫画的な興奮をおぼえずにはいられ…

1P漫画【吉田沙保里】の偉大さを勝者ヘレン・マルーリス側から

吉田沙保里の存在が、レスリングを始めたきっかけなのか、継続のきっかけなのかは、ちょっとわからなかった。 ので、石岡ショウエイ演出が多分に含まれているものとして解釈していただければ。

ジブリ作品のここが嫌い! アンチ宮崎駿は非国民?アニメ映画ワースト・ランキング

新作の公開を控えたスタジオジブリ。宮崎駿監督作品を筆頭に、全21作品あるアニメ映画を嫌いな順でランキング。紅の豚、トトロ、ナウシカ、ラピュタ、魔女宅、耳をすませば、ハウル、ポニョ、千と千尋、もののけ、アリエッティ、マーニー、コクリコ坂、さあ…

おすすめ。エロ漫画、卒業生に/下半身でなく脳で感じる性的倒錯系作品7選

「エロ漫画」カテゴリーではないにもかかわらず、「エロス」をテーマにしているおすすめ漫画作品をピックアップ。直接的でないものに感じる性的魅力は、やがて「フェチズム」につながり、行きすぎれば「性的倒錯」「変態」とも。取り扱うのは、月光の囁き、…

ディーン・フジオカ「妻よりも、君のことが!」妄想似顔絵話

大人気の俳優、ディーン・フジオカの似顔絵を、漫画家石岡ショウエイが、うろ覚えのイメージのみを頼りに描いてみる。苦手なイケメンだが、似るのか?これまでは、マツコ・デラックス、奥田民生、リリー・フランキー、吉田鋼太郎、星野源、鈴木福、水原希子…

流行りのソフトモヒカン×ツーブロック/男は髪型が9割は本当か

髪型次第で、男は誰でもイケメンになれる。そして流行りの髪型「ソフトモヒカン」と「ツーブロック」は、そう難しいヘアスタイルではない。実際に流行を取り入れている著名人の髪型を見てみよう。

猫ナンパに気をつけて!/猫の漫画ブログ

猫を飼いたいが飼えない漫画家、小説家の切ない日常を、四コマ漫画と小説でお送りします。四コママンガは『ぼくと透明なネコ』四話目「ナンパ」。短編小説は『M家のラッキー』まったく懐かない猫のお話。

ワンピース第100巻ネタバレ/麦わらの一味はこうなっていた!

83巻の発売を控え、『フィルムゴールド』も好調な漫画『ONE PIECE』(ワンピース)。最終回で全何巻になるのかいまだ不明であるが、第100巻など通過点にすぎない。タイムマシンに乗って100巻までを読んできた私が、こっそりネタバレをしてみる。

漫画家がオススメ映画111本、五七五でランキング/名作お断り

漫画描き、小説書きである筆者が、100本のおすすめ映画を「五七五」レビューでランキング化しようとしたら、111本になった。脚本の参考になると思って観ているが、ひどい映画、クソ映画も含まれているはず。あの名作が入っていない、なんてこともあるだろう…

岡崎体育を、泣かす、踊らす、音楽聴かす、描く~/妄想似顔絵話

音楽業界を挑発するMV『MUSIC VIDEO』で知られるアーティスト岡崎体育の似顔絵イラストを、漫画家石岡ショウエイが、記憶だけを頼りに描いてみる。これまでのお題は、マツコ・デラックス、奥田民生、リリー・フランキー、吉田鋼太郎、星野源、鈴木福、水原希…

オリンピックが題材の映画、おすすめ10選/東京五輪へ心の準備

オリンピックを扱った映画から、オススメ作品を10本紹介。リオ五輪記念。『クールランニング』や『フォックスキャッチャー』、市川崑監督による『東京オリンピック』など。ヴァンゲリスの名曲『タイトルズ』や『白い恋人たち』も映画からヒットにつながった…

水原希子「彼氏やインスタの話、ウザい!」/妄想似顔絵話

漫画家石岡ショウエイが、水原希子のイラストをイメージだけで描きつつ、似顔絵の描き方を押さえていく。これまで鈴木福、星野源、リリー・フランキー、吉田鋼太郎、奥田民生、マツコ・デラックスに挑戦。さて今回は、似るのか?

「最高」の映画を5つ選んだので、おすすめなのか検証する

映画のレビュー企画。漫画家石岡ショウエイが「最高の映画」を5本、レビュー、オススメする。なにをもって最高とするか? キーワードは、「最高の人生」とモーガン・フリーガン。一本目は『最高の人生の見つけ方』(原題『THE BUCKET LIST』)。ネタバレは…

猫と、おでんと、僕/猫の漫画ブログ

猫好きだがネコが飼えない漫画家、石岡ショウエイ。ねこへの一方的な愛をつづるシリーズ四コマ『ぼくと透明なネコ』ほか、定番四コマ『まぐねっこ』『ペットボトルくん』をお届け。

鈴木福の現在の姿、僕の知ってる鈴木福じゃない…/妄想似顔絵

鈴木福の似顔絵を描け。漫画家石岡ショウエイが、あいまいな記憶を元に著名人の似顔絵イラストを描く企画。マツコ、奥田民生、リリー・フランキー&吉田鋼太郎、星野源につづく五回目。読めば似顔絵がうまくなる?『ペットボトルくん』はあと一回で50回!